石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

台風一過

私の部屋には、なぜか隅っこに変則的な
小さなサンルームみたいなのがあるのだが、
そこにこないだ、ヤモリが侵入してきた。
窓枠が古いので、網戸を閉めていても
隙間から色々なヤツが入ってくるのである。


虫は苦手なのだが
ヤモリは比較的、平気だ。
かわいい。
しかし、
家の中に一緒に住んでも大丈夫!
と言えるほどではない。
できれば早く出ていって欲しい。




なかなか出ていかないのである。
小さな棒のようなものでちょこちょこっと追っても、
窓の外に出る方向に逃げてくれない。
灰色で、目がくるんとして、口をちょっと半開きにしている。
かわいい。が、こまった。


走るのがめちゃくちゃ早い。
しかし、
上からふわふわ威嚇したくらいでは動かない。
身体にちょっと触らないと
逃げてくれないのである。
かわいい。
こまった。


走ると
ちゃちゃちゃちゃちゃちゃっ
と微かに音がする。


かわいいが!困るんだよ!!!



仕方がないので
窓を少しだけ開けて、
自然に出て行ってくれることを祈り、
その日は外出した。



帰ってきて、サンルームを見ると
見当たらない。
よし
逃げてくれたみたいだ
と思い、
迫り来る台風に備えて窓をキッチリ閉めて、
寝た。



翌日
怖ろしいほどの台風がやってきた。
こんなにスゴイのは初めてである。
家が震度3くらいの勢いで揺れる。
いつ窓ガラスが割れてもおかしくない。
木の葉が蝙蝠の群れのように空を舞っている。


やばい
やばいぞこれは



生きた心地がしなかった。


しかし、真剣な暴風雨は2時間ほどで収束し
あとはざんざんぶりの雨だったが
ひとまず窓ガラスもなんとか、保った。


ほっ。。




今朝起きたら悔しいほどの晴天である。
昨日の湿度はひどいものだったので
シーツやタオルケットを干そうと、
サンルームを開けた

らば



ヤモリ・・・・・!!!!!


いたのかよ!!


まだ、そこにいたのであった。
カワイイ。


しかし
このまま同居し続けても
こいつの餌もなかろうし
いろいろアレなので
今度ばかりは真剣に逃げてもらうことにした。
窓をあっちへ開け、こっちへ開けして、
しっぽのほうを軽くちょんちょんとつつくのを繰り返して
やっと、ヤツは外に出てくれた。



しばらくして
ふと


ヤモリって
家守
などといって
家の守り神っていったりするんだよな。。


台風から
守ってくれたのかしらん


だとすれば
餌(なにをやればいいのかわからんが)くらいやって
おもてなしをすれば良かったか・・・


しかしおそらく
餌は、虫とかなはずであって
私はそれは
捕まえられないな・・・・


ゴメンね
ヤモリ。


また窓の外のあたりになら
きてもいいよ。


中はダメだけど
窓辺の、外だよ。


まってるね。



思ったのだった。