石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

最近では「おこ」らしいが


多分ちょっと掃除するとかでも
「散らかっているのが嫌だ」
みたいな、
ある種の腹立ち、怒りみたいなのが
原動力として作用しているんだと思う。
「まっすぐに揃えて置かれてないのが許せない」
「複数巻ある本が1巻から順に並んでないのは許せない」
みたいな言い方があるけど
この「許せない」も怒りの一種だなと思う。


星占いで怒りと言えば火星だけど
火星は意欲とか、情熱、性欲、みたいな場面にも出てくる。
怒りと意欲
って
「アツい」
という意味で繋がっているなと思っていたけど
ほんとはもっともっと同じ根っこを持ってるのかもしれない。


ある種の仕事は
「このままじゃいけない」
「この現状には納得できない、許せない」
みたいな、
現状への怒りみたいなものから生まれる。


もとい
「仕事」にはもちろん
いろんな定義があると思う。
食べていくため、誰かを養うために
好きでもない仕事をひたすら我慢し続けている人も少なくない。
そういうばあいはむしろ
仕事をすること自体に腹が立ってるかもしれない。


たとえば
無人島で自分一人のために魚を捕るのは「仕事」かというと
おなかすいた→一匹だけ!
なら「仕事」感がないんだけど
一度では食べきれないほどたくさん捕ってきて
明日明後日のために干物にしてストックし始めたら
ちょっと「仕事」チックになってくる。
「こうすればもっと便利だな」
「こうなればいいのに」
みたいな、ライトな、
ほとんど「怒り」とは関係ないような意欲、仕事もある。


でも
すこししつこくねばるとすれば
「こうなればいいな」っていうのは
ひっくりかえせば
「これじゃいやだ」
なのであって
拒否であって
苛立ちであって
ちょっと頭に来てる

言えはしないか。



さらに
なにか異様なパワーが無いとそんなことできないよね
というような大きな仕事、力の入った仕事の中にはもう
怒り
が燃え盛っている気しかしない。


芸術はバクハツだ!
と言ったあのひとも
映像の中ではどうも
怒り狂っているようにしか見えない。
世の中の一切に
怒り心頭なのだろう
という気がしてならない。



どんなに人にやさしくするような仕事でも
どんなに知的な仕事でも、
どんなに崇高な、偉大な仕事でも
その原動力が
「腹が立つ」
みたいな思いから出てきている
ということは
たくさんあるんだろう。


よく考えれば
「腹でも立ってなければわざわざそんなことしないよね」
みたいな仕事が
あったりするんだろう。


何に腹が立つのか
というのは
人それぞれ、千差万別なので
同じ怒りから出る仕事でも
バリエーションはたくさんある。
それこそ
ちょっとした個人的な掃除であっても
「こういう状態は許せない」
みたいな怒りがスイッチになりうる。


たくさん仕事をする人の中には
いつもぷりぷりしている人もたくさんいるんだろう。


怒っている人は怖いし
叱られるのは嫌だけど
場合によっては、叱られるのも大事だし
怒ることも多分、必要な時があるんだろう。