石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

宙フェスのバックヤードと、お土産。

8日の宙フェスは京都は嵐山の虚空蔵法輪寺さんで行われた。
メインステージとバックヤードはお寺の建物を利用させて頂いていて、
私もお寺の中に用意された控え室に入った。


お寺の中の空気が、私はわりと好きだ。
幼い頃から、法事などでお寺にゆくと
特別な空間に入ってゆくトキメキのようなものを感じる。

そういえば、幼稚園もお寺の経営で
灌仏会など特別な日には、本堂に入れてもらえていた。
幼稚園の頃の記憶などほとんどないのに
あの光景はよく覚えている。
普段「入ってはならぬ」と禁じられている場所に入ることが
ある種の興奮や陶酔感を生むのかもしれない。

その上、お寺の中はたいてい、
お香やお花、お供物の果物などのいいにおいが立ちこめていて、
すみずみまでよく掃除されて清浄で、
キラキラと美しい飾りや仏像が置かれ
ロウソクの炎がゆらゆらともっている。
そして、大人達もいつになく神妙に、厳かに振る舞う。
さらに、お坊さんが出てくると
ふだん偉そうな大人達の全員がいかにもうやうやしく、頭を下げるのだ。
子供心に、神秘的な陶酔を感じるのも
当然と言えば当然だ。

とはいえこの日は「フェス」である。
文字通りのお祭り騒ぎで
建物の襖や扉は全て開け放たれ、
はなやかで開放的な雰囲気にあふれていた。
お寺や神社は祭礼の場だから
こういう賑やかさも、むしろ、とってもぴったりくる。

出演者控え室とされた部屋も、
関係者の方が様々に出たり入ったりで、
賑やかだった。
法輪寺のご住職もいくつかのイベントに出演されるようで、
ちょっとご挨拶させて頂いた。
藤本住職はとても明るくて、洒脱というのか、
とにかく面白い方だった。
星占いにもとてもお詳しいので驚いた。
虚空蔵菩薩は宇宙や星に関係の深い菩薩様で、
このお寺も、向きがちょっと変わっていて
明けの明星がよく見えるように東の方を向けて立てられている、
と教えていただいた。
大きく開けた東の空に早朝、金星がきらめく光景を想像した。
まさに絶景。

10月とは思えない暑さで、
なんと、美しい団扇をいただいた。

f:id:iyukari:20171010141454j:plain

お寺の風景が描かれている。

これをだいじにとっておいて
来年は浴衣着よう・・・と妄想がわき起こった(煩悩

ブースを出展されているビクセンさんの神山さんが
控え室に来てくださった。
以前ラジオ出演の時にお世話になった方である。

そして
こんなかわいいものを頂いた。
f:id:iyukari:20171010141521j:plain
栞!
これがほんとの星栞(爆)
もとい
キラキラしてカワイイ・・・・・

ビクセンさんのネットショップで購入できるとのことで
ちょっとみてみたら
オリオン座がある!
Vixen ステーショナリー 宙の栞 オリオン座 | ビクセン オンラインストア | 国内最大級の光学機器通販サイト
アルデバランがちゃんと赤い(そしてデカい)・・・・・!!

プレアデス星団とはくちょう座もあった。カワイイ。

f:id:iyukari:20171010141551j:plain
このレターセットもたのしい。


朝露から石英、雪の結晶から星にいたるまで
キラキラするものに
人の心は何故
ひきつけられるのであろう。。

それはたぶん
私たち自身の心の中に
きらきらするものがあって
おたがいのきらきらが
呼び合っているから
なのかもしれない。


なんちゃって。



以上
宙フェスのお土産
でした。