石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

よしなしごと


いろいろあって
あっぷあっぷしている今日この頃
毎晩ギラギラ光る火星を眺めながら
坂道を下るのだが
ふと右の方を見ると
木星がもっとギラギラしていて
「火星もすごいけど
木星すげえな」
と改めて思う。


ふだんから頑張っている人を
もっと見てあげたい
みたいな(どんなだ

      • -


先日のカモの親子の写真
実は
高い橋の上からズームで撮ったので
撮っている最中は
ただただカモの親子を撮っている
という意識しかなく
まさかあんなドラマ、というか四コママンガみたいのが撮れているなど
パソコンに取り込むまで
気づいていなかったのだった。


パソコンに取り込んで
暗いのでちょっと調整したら
おおおおおお!!!
すごい!!!!(大興奮)
となった。


更に言えば
いつもならバスに乗って通る道なのだが
その日はバスに乗り損なってしまって
しかたなく歩いていたところだったのだった。
バスに乗ってたら
当然
撮れていない。


「犬も歩けば棒に当たる」
というのは
いい意味で使うならまさに
こういうことを言うのだろう。
なんでも最短距離で合理的にやればいいってものではない
と悦に入った。

      • -


私は
食べものは基本的に
「食べ慣れたものを食べる」タイプである。
したがって
パン屋さんなどでも
あまり、新作などには手を出さないのだが
このあいだめずらしく
生クリームとイチゴジャムの入った長細いパン
というのを
買ってみたのだ。



食べたのだが
ごく長細いので
リコーダーを吹くようなスタイルで
棒状のものを口に入れていく感覚になる。
そしたら
何となく息苦しい気がしたので
隙間から


すうううううううううう



おもいきり息をすったのである。



そしたら
喉がイガイガッとなって


ごほっ!ごほっ!ごほごほごほご!!!1


となり
なぜか
机の上がまっ白に汚れた。


パンに
白い粉砂糖が振りかけられていたのだ。
それを
すうううと喉に吸い込んで
結果
当然ながら咳き込んで
噴霧器よろしく、そこらじゅうにまき散らしてしまったのだった。


美しく淡い粉雪が降ったような机の上を前にして
暫し呆然としたのち
粛々と掃除をした(そして改めて気をつけながらパンを食べた


このとき
深く考えたのだが
ものを食べるのでも
「上手に食べる人」
というのが、いる。
行儀がいいとか、マナーがいいとか
そういうのでなくて
たとえばさっきのようなパンを食べるときでも
口の隙間から息をすったりしないとか
鼻で吸うとか
そういうことが無意識に出来る人が
「ものを食べるのが上手い人」なのだ。


同じものを食べていても
妙に美味しそうに見える人
というのもいる。
ご飯にご飯の友をなすりつけるのが上手い、
脆いものやうまくまとまらないものを
きれいにまとめて食べるのが上手い、
醤油やソースをかける加減が上手い、
みたいな
そういうのは
ひとつの才能である。


私は
そういう意味で
たべるのが
へたなんだろうな・・・・



思った。


ふ(涙