読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

客観


ものの本によると(おっ、この言い方ナツい)
新生児の健康状態をチェックする
「アプガー・スコア」
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?oldid=48655540
というものがある。
これは、今まさにおなかから出てきた赤ちゃんが
心配すべき状態なのかどうか、を
ぱっと判断するためのチェックリストみたいなものだ。



よく、出てきたら大泣きするはずなのに泣いていないとか
逆さにしてお尻を叩いて泣かせる、みたいな描写が
マンガなどにはよく出てくるが(今はそういうことしないのかもしれないけど)
見た目ではっきり、だれにでも
「これはあぶない、はやくなんとかせねば」
とわかるものかと言えば
そうでもない、ということなのだそうだ。


確かに「大丈夫かどうか」なんて
個人差もあるし、グラデーション的なものなのだろうし
ある程度客観的な判断基準を作っておかないと
とても簡単にわかるような指標を見逃したりする
こともあるのだろう。


判断する側にも
いろんなコンディションがあり、個性がある。
いつもはわかることが
今日はうっかり、わからない。
判断される側にしても
ほかの人ならOKなことが
この人だけはNG、ということだってある。
ゆらぎや個体差がある場合ほど
なにかしら基準があると
参考になる
ということか。



昨日の日記
「自分の調子に、なにかものさしがあればなあ」
と書いたが
自分の「今日の調子」を判断する
アプガー・スコア
的なものを
作っておけばいいのかもしれない。
朝ご飯を食べる食欲があるかとか
昨日のみ過ぎたかとか
おなかの調子とか
顔色とか
そういうのを
簡単なチェックリストにして
総計2点以下だったら休み
とか(そんなことできないか)。。。。


これは
誰にでも当てはまるようなもの
というのはなくて、
あくまで、
「自分のクセや調子」
として
経験則でしか作れないようなもの
というイメージだ。
たとえば
朝、ご飯を食べない方が調子がいい
という人だっているだろう。
普段からお腹の緩い人と便秘気味の人では
調子の良し悪しの「基準」は
ちがうはずだ。
悪夢を見た日は日中調子イイ
みたいな人だって
いるかもしれない。
お米のご飯が食べたい朝と
パンが食べたい朝
みたいなちがいで
ちょっとずつ調子が違う
ってこともあるかもしれない。
珈琲が飲みたい日は元気で
紅茶の日はそれほどでもなく
梅昆布茶の日はだいぶ体調がヤバイ
みたいな指標もあるかもしれない。




スコアの低い日は
休まないまでも
早めに切り上げる(ようにする)
くらいの感じでいれば
「無理なのに無理をする(そしてはかばかしい成果が上がらない(そして自分を責めてブルーになる))」
みたいなムダを
省ける

かな・・・・・・・・・・




妄想したのだった(妄想です