石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

浮き星



新潟でたった一軒のお店で作られている「浮き星」。
こんぺいとうではなく、水にぷかぷか浮く、
可愛いおかしだ。



新潟で写真展をやったとき、
蔵織のオーナー志賀さんに
これを作ってるお店に、連れて行っていただいた。
なつかしい。
でっかい丸い鍋みたいなのをぐるぐる回しながら作るのを
見せて頂いた。


そういや
そのときは「ゆか里(ゆかり)」という名前だった。
「おなじゆかりだから、縁があるよね」
とか言われた記憶がある。
http://ukihoshi.dino.vc/wf/story
ここに解説があった。


昭和の頃は、お茶に浮かべたりして親しまれるほか、
スナックなどで、
ウイスキーオンザロックに浮かべる
などの楽しみ方があり、
結構需要があったらしい。
が、いつのまにか、消えかけてしまった。


でも
今、ちょっとずつ復活しつつあるようだ。
結婚式の引き出物なんかになっているみたい。
かわいい。





苦み走った中高年男性が
酒のグラスになぜかピンクや黄色の星を浮かべて楽しんでいる
という姿を想像すると
なんか
余裕があってかっこいいな
と思ったりする(なんとなく



ロゴスとアニマの交差する世界にうかぶ
乳白色の優美(どんなだ)。


本当に強い人は
優しいのだ。