石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!




少し前に取った写真。
燃えるような紅葉を見た。
近所では
銀杏が黄金に輝いていた。


そして先週末
このあたりにも真っ白な雪がしんしんと降った。


秋から冬にかけて
ドラマティックに色が変わっていく。



以前、ベトナムに旅行したとき
ホーチミンシティで
『オータム』ってきれいなんでしょう?
と聞かれたことがある。


秋や冬のない場所もあるのだ

そのとき、初めて気がついた。
ばかみたいなのだが。


秋がない場所に住む人に
「秋って、きれいなんでしょう?」
と聞かれて
帰国した後
『秋』を二度見するようになった。
秋が消えて雪が降りしきり、視界が真っ白になった日、
あの燃えるような紅葉の意味が重みを増した。


いつもそこにあるものに、私たちは心を動かさない。
それが失われたり、それを知らない人に会ったりしたとき初めて
心をゆさぶられるようになる。