読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

いろいろ露出。


ちょこちょこいろいろやってます。


#
コミック雑誌「スピカ」さんは、
「星ダイアリー2015」を出して頂いている幻冬舎コミックスさんつながり!
ということで、大ボリュームのインタビューを掲載して頂きました。
http://www.gentosha-comics.net/spica/
9/26発売です。



#
9/20刊のメトロミニッツ(東京の地下鉄で配布されてる冊子)
http://www.metromin.net/2014/09/19/10451/
こちらで、「料理本」の記事を書かせて頂きました。
なぜか私だけ料理じゃなくて「釣りしばり」になってることに
出てしまってから気づきました(汗


#
THREEのコラムも、新しいのがアップされました。
http://tree.threecosmetics.com/2014/09/the-portrait-of-heroines-04/
あと2回!


#
マイロハスのコラムも更新です!
http://www.mylohas.net/2014/09/041197words.html



#
あと、12月号のPHPスペシャルでもちょっとコラム書きました。
発売は11月かな?



実は、今年は細かい露出が少ないのです。


その理由は、、
来月判明する予定です(メルマガ読者様にはすでにお知らせした例のアレです^^;



諸諸、乞うご期待!


      • -


「他の子が褒められたからって
 お前がけなされたわけじゃないんだよ」



子供の頃、誰かに言われた。


ナチュラルにそう思える人もいるけれど
大人になっても
人が褒められると自分がけなされたように感じてしまう
という人は
少なくないようだ。


人と比較されたり、
あれこれ批評されて叱られたりばかりしてると
そう思うようになってしまうのかもしれない。


他の人が褒められているからって
自分がけなされているわけではないのだ
という
ごく簡単なことが信じられるようになるまでに
すごく何年もかかったりすることも
あるんだよな。


そういう長い長い時間は
無駄なようにも思えるけれど
でも
「人が褒められると自分がけなされているように思う人がいる」
ということを
身をもって痛烈に知っているということは
ある場面では
一つの財産なのかもしれない。



「人が褒められると自分がけなされているように思う人が、世の中には、存在する」
ということをちっとも知らないために
何気なく、悪気無く
誰かを痛めつけてしまうことだって
あるわけだ。


「知らぬが仏」という言い方があるが
「幸せ」という以外の言葉がもうひとつ
あるといいのになあ、と思う。
たとえば、ここでもかつて書いた、
自己肯定感の無い状態とか、
なんでも自分が悪いと思っちゃう状態とか、
人が褒められると自分がけなされたように思って
その褒められた人を嫌いになっちゃう思いとか、
そういう苦い思いを経験し、それらに向き合い、
それを自分なりのやり方で「自分のものにした」人
というのは
「幸せ」というのとはちょっと違った
中身のぎゅっと詰まった、柳のようにしなやかな力を
備えていけるはずだと思うのだ。
そうした「道のりの果ての状態」を意味する言葉が
なんかないかな
と思ったり
したのだった。