石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

熱量


このところ
ちょっとバタバタしている(常態




まずはご報告から。
ウイークエンドマックスマーラ例のイベント
なんと、ソニースクエアに一万人を超えるご来場者があったとのことです、
本当にありがとうございました!!
抽選で短観作ることになっているので、頑張ります!





      • -

今度、またラジオに出して頂くことになった。
TOKYO FM「焼酎ダイニングYASU」。
http://www.tfm.co.jp/yasu/
安めぐみさんがパーソナリティーである。
ラジオはこれまで何度か出して頂いており、
特にTOKYO FMさんにはお世話になっている(ような気がする)。


去年も篠原ともえさんの「東京まちかど天文台」に出して頂いて
あれは生だったので本当に緊張した。
しゃべりながら時間をぴったり合わせるというのは
どういう魔法であろうか。。


今回は生ではないので、若干気が楽だ。

「焼酎ダイニングYASU」のスポンサー様は
あの、霧島酒造さんである。
黒霧島赤霧島のアレである。
従って、焼酎を飲みながら話す、という趣向の番組なのである・・・!


飲んだら更に気が楽になるのは決まっている。
しかし、飲んだら自分が何をしゃべり出すかわからない。


これは
究極の選択だ……


と思ったが、
考える前に
出演依頼のメールに
「よろしくおねがいしまーす!」
的な返信をしてしまっていた。


放送は7月12日・13日・19日・20日。
「是非聴いてやってください!」
とは
恥ずかしくて
素直に言いきれない気持ちの自分がいる。。 orz


ラジオだけは(いや、ほかにもあるかもだけど)
何回やっても、慣れないなあ、、


      • -


しかし、今回の収録では
自分が男でなくて本当に良かったと思った。
もし男だったら
安めぐみさんを前にして
うっとりしてくらくらして頭おかしくなって倒れてただろうと思う。
酒飲んで喋るとか不可能だっただろうと思う。
安めぐみさんは
夢のようにきれいでやさしい方であった。
天女様のようであった。拝みたくなった。



最初の打合せのところから、
スタッフの方も、安さんもみんな
この番組を大事に大事に思って、
1つの作品として愛情を持って手がけている、ということが
じわーっと伝わってきて、嬉しかった。


私も、
みんなで愛情をかけて一生懸命本を作る
という幸せを味わったことがあるので
あの、なにかを創る情熱をはらんだ空気に触れると、
とても嬉しくなるのだ。


いいものを創ろう、という思いのある場所には
その思いを共有できていれば大丈夫
という安心感がある。
たとえば、ちょっとまちがったことをしてしまっても
それが「ナカミを良くしよう」という共感にむすびついていれば
周囲も、失敗した人を萎縮させるようなことは言わないし
むしろ、そのエネルギーをもっと「前に」押し出そう、
という、明るい雰囲気が強化される。
そうやって、意欲にみんなが守られる。


「東京まちかど天文台」のときも、
そういうさわやかな熱量や気迫みたいなものに守られていたのだが
いかんせん私の方が生放送のプレッシャーに緊張しすぎていて、
それを味わう余裕がなかった。



今回は、お酒の力もあってか、
いい場だなあ、と感じる余裕がわずかにあった(爆
いずれにせよ、
そういう場に参加させていただけるのは、
とても幸運なことだ。