石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

ご質問。


ツイッター
「未来を読むのは怖くないですか?」
というご質問をいただいた。

「いろんな占い師さんを見てると
ホロスコープを見れば未来に何が起こるか予想できる”
という方も居るようなので…。
石井さんはそういうタイプではないのかもしれませんが´ω`」

とのことで
お返事を書きはじめたら長くなりすぎたので
こちらに書いてみた。



A:

私はアホなので、何にも見えたりしないです!(爆)
単に腕が悪いだけかもしれません。すみません。。
「未来に何が起こるか予想できる」方がいらっしゃるなら
ほんとうにすごいです、
そちらの占いを利用なさる方がいいだろうと思います。


「星が私を動かす、星が影響を及ぼしてくる」と考えると、
怖いだろうなと思います。
でも、私はそういうふうには、思っていないんです。
星は時計みたいなもので、今何時かを教えてくれるけど、
でも、そこで何が起こるかは、わからない、と思うんです。


あと、過去の蓄積もあるのかもしれません。
「古い星占いの解釈でいけば、今はものすごいことがあっておかしくない!」
というときに、
実際、そのときが来てみると、
大して何もなかったりするんです(笑)
じゃあ、星から何も読み取れないかというと、
そんなこともなくて、
ちゃんと自分の心が捉えている世界の風景がそこに
ありありと映し出されているように思えることがよくあります。


たぶん、
その星が具体的には何を意味しているのか、は、
「そのときの私」でないと解らないんだろうと思います。
「そのときの私」は、
「今現在の私」とは、同じもののようで、違ってしまっていますし、
「そのときの私」が抱えている過去は、
「今の私」が抱えている過去よりも、
ボリュームが大きいわけです。
「そのときの私」の問題意識や悩みは
「今の私」には、わかりません。
たとえそれが「明日の私」であっても、
わからないんです。
もしかしたら今日の午後にいきなり今の悩みがすべて解決して
明日の私は全く違う悩みを抱えているかもしれません。
昨日の私と今の私が同じものをみているかというと
全然そんなことはありません。


だから、今の私には解らなくても、そのときの私には解る、
ということもあるんだろうと思います。
私の占いはどうも、
「今私にとって何が起こっているのか」
を読むためのもので、
「未来はどうなるか」
を読もうという意識が薄いのかもしれません。
たとえ「来年の占い」を書いていても
どこか
「そのときリアルタイムになったら、また読んでみてください」
と思っているフシがあります(笑
ゆえに「筋トレ」では、
占いを過去に遡って読めるようにしてあります。


そんなわけで、
占いをしていても、
怖いということは、あまりないです。
たしかに、すごいハードな形になってると
うああああ
と思ったりするんですが(笑
でも、そういうときは似たような配置が来た過去と、その頃の出来事を調べて
「あのときどんなことがあったっけ」
と検証していくと
「ああ、こういうことか…」
と、なんとなく納得がいったりします。


占いをおぼえたい、という方には、
教科書を読むことはもちろんですが、
自分の日記と星の配置を併記した記録をつけるといいよ
ということをときどき、言います。
日記まで行かなくても
自分年表
みたいな、人生で大きな出来事がいつ起こったかを時系列に並べた表を
随時更新していくといいと思います。
そうすると、木星のヒットの時なにがあったか、とか
土星のヒットでどういう経験ができたか、とかが
星の解釈のヒントになりますし、
さらに「怖いか怖くないか」を検証する材料にもできます。


以上、ご参考になれば幸いです。