石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

新刊ご紹介。


年内に出る二冊をご紹介します!
どちらも「星占い星占い」した本です。


まず、11月28日発売予定
石井ゆかりの 星占い教室のノート」。
http://www.amazon.co.jp/dp/4408110124/



これは、いまは休刊となってしまった雑誌Mistyで二年ほど連載していた、
ホロスコープ虎の巻」の記事を中心に、大幅加筆したものです。
私がカルチャーセンターさんなどでお話しする「講座」でも
ちょうどこんなこと話してるな…
というようなイメージで書いてみました。
ホロスコープは、
http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/links.html
こういうあたりで既にお手元にあるものとして、
言わば「中級編」くらいのイメージかなと思います。
初心者向けの本を読んで、
ホロスコープバリバリ読めるとはぜんぜんいかないけど、
とりあえずサイン・ハウス・アスペクトという言葉の意味が分かったよ」
くらいの方に、お楽しみ頂けると思います。
「ゼロ章」というのがあって、そこに初心者向けの「教科書」が紹介してあります。
教科書があって、ノートがある、みたいな、そんな位置づけの本です。
(とはいえ、一応ざっくり、「ホロスコープとは何か」から書いてはあります。
なんにもわからなくても、とにかくパソコンでホロスコープさえ出せれば読める、はず。)
http://www.amazon.co.jp/dp/4408110124/
こちらに、目次がすべて挙げてあるので、ご参考になるかと思います。



次に、12月7日発売予定
「星の交差点」。
http://www.amazon.co.jp/dp/4781611044


雑誌「恋運暦」でばーんと特集した「相性」に関する記事を中心に
こちらも、大幅加筆しました。
何の予備知識もなくても大丈夫な、
とても一般的な「星座占い」が中心の本です。
でも、
後半に、少しだけマニアックな記述もつけちゃいました。

      • -


私がこれまでに出してきた本で
ホロスコープのマニュアルっぽいの、というと
「星読み+」だけなのですが、
これはトランシット(運勢)を読む本で、
ネータル(出生図)を読む(持って生まれたもの)、という本は
そういや、未だ出したことがなかったんですね。
でも、基礎からネータルを読む、という本は
素晴らしい教科書が多々、出ているので、
そういうのを読んで頂いた方がずっといい、と思うのです。
こういうのです↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4054023479/
http://www.amazon.co.jp/dp/4408394394/
http://www.amazon.co.jp/dp/4062136112/


で、私が書けることと言えば、
平素、たくさん寄せられる
「他の本にはこう書いてあったんですが、
石井さんならどう読みますか?」
というご質問にお答えするような本かな、、と思い、
この二冊をまとめてみた次第です。


もともとの企画が「連載・特集をまとめましょう」
という経緯だったこともあり、
ちっとも体系的なものではありませんが、
お楽しみ頂けましたら幸いです!