石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

潜水


遠くでたぶん今も
深い淵にはまってどんどん沈んでいっているらしい人間がいる。
遠くでたぶん今頃
どこまでも獲物を追って旅を続けている人間がいる。
遠くで夢の卵をあたためているはずの人間がいる。
遠くで夢のかけらを土に埋めて目を閉じている人間がいる。
遠くでランビキの中を見つめている人間がいる。
かつてはよく知っていた気がしたが
今はもう、会っても解り合えないだろう人間たちだ。


でもときどきその人間たちの耳にきこえているはずの
ごぼごぼいう、水と空気のすれ違う音や
ごおーっと耳を塞ぐように吹き抜けていく風の音や
ひよこが干し草を踏む、がさごそいう音が
不意に聞こえるような気がすることがある。


そこにはなんの感情もともなわないんだけれども
ただ、その耳に聞こえている音が聞こえる気がする。


切り落とされた腕の先、指先のかゆみ、
幻肢みたいなものだ。
物理的に失われても
脳内の地図からは消しさられないで
いつまでものこっているもの。


それもいつかは
他のことにかきかえられていくんだろう。