石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

プレゼント発送、第一便。


第一便の、一部です。

毎年恒例本のプレゼント企画
今回は応募総数3630件と、過去最高となりました、
みなさま、ありがとうございます!



これで当選数が30冊ちょっと、というのはあまりにもあれだ…
と思い
先日、近所の大垣書店さんを梯子して買い足してきました(爆


なので、50冊くらいはお送りできると思います。
それでもまだぜんぜん焼け石に水なので
今回は
「番外編」と
例年どおりの「スカ」も
ご用意させて頂くことにしました。


「番外編」は、手元に2冊ある本を一冊差し上げる、というアレで
・献本を頂いたときには、既に通販でぽちってしまっていた
 「世界史と西洋占星術」ニコラス・キャンピオン
・新たに買って資料として提供しようとしたら相手が買ってくれていた
 「星座神話の起源-エジプト・ナイルの星座」近藤二郎
ツイッターで「ほしい!」と呟いてamazonでぽちったら、出版社さんから献本を頂いた
 「ロシアの挿絵とおとぎ話の世界」海野弘(1/14追加)
 

の3冊。おもしろい本です。


そして、「スカ」は


・雑誌kissの綴じ込み特集、2013年の恋愛占い「ほしがたり」未開封
・雑誌kissの綴じ込み特集、2013年の恋愛占い「ほしがたり」開封済み
・「夢を読む」発売時に制作された特製ポストカード(3種類の中から1枚)
・拙著「星なしで、ラブレターを。」1冊
・拙著「薔薇色の鳥の本」1冊


のいずれかです。
ご希望でないものが届くわけで、ご迷惑になる可能性もあると思います、
ほんとにすみません。


これでおそらく、60名様以上のお手元に
何かしらが届くことになります。


昨日と今日で21冊を発送しました。
残り30冊ほどと、番外編、そしてスカは、
今月中に順次、発送いたします。


どうぞお楽しみに!

      • -


あたたかなメッセージをお書き添え頂き、
本当にありがとうございます!
「何度も応募しているけれど当たらない」と書いてくださる方も本当に多く、
痛烈に皆様に差し上げたい気持ちなのですが、
なにしろ、お送りできる数に限りがあり・・・、
ほんとうに申し訳ありません(涙


「運試し」と書いてくださるかたもかなりいらっしゃいますが
私としてはもう、気持ち的には全員に差し上げているので
こちらでは、運は試せていません。
もしどうしても「運」解釈をするならば
もしハズれたら
「こんなとこで運を使わなくて良かった!」
とご安心ください。
当たった皆様は
「これは、もっとでかい運の呼び水になるかも!」
と思って頂けると嬉しいです(爆


以下、少しだけ、頂いたメッセージをご紹介したいと思います。


#
「12星座シリーズの「水瓶座」の帯の言葉に、
以前「どうして宇宙人は地球に来ないのか」というタイトルの本を見つけて、
「地球にはもう地球人ていう宇宙人が住んでるからね〜」と呟いたことを思い出し、
買わずにはいられませんでした。それがゆかりさんとの出会いですw
ゆかりさんの言葉に触れて初めて「水瓶座で嬉しい」と思いました^^」


>> 12星座シリーズを読んで「自分の星座でうれしい」と言って頂くのが
>> すごく嬉しいのです。ありがとうございます!



#
「寺町の三月書房、私も好みな気がします。
今年の頭まで京都に住んでいて、引越して少ししてから石井さんが三月書房のことを書かれていたので、
もうちょっと早く知ってたら行けたのに!!と悔しくなりました(笑)
次京都に行った時は絶対行こうと思います。

もしかしたらこういうこと言うと失礼なのかもしれませんが、石井さんが書かれる本って、
中身だけじゃなく、文献として紹介されている本も面白そうで大好きです。
いつか石井さんの本棚を拝見してみたいです。」


>> 参考文献に反応していただけるのは、じわっとうれしいのです!
>> ちなみに、三月書房の件はこちらです。


#
「(わたしは水瓶座なのですが、宇宙服の表現に、そうなの!そうなの!と頷きました。)それまでは自分の感じることと、他の人の感じることの間に大きな差があって、それが私には理解できず、また周りからは理解されず…という風だったのですが、石井さんの本で、普通はこうだけど水瓶座はこう感じる、と他の星座の人との違いが説明してあって、それでなのか〜と色んなことが腑に落ち、楽になりました。それまでは自分というものもよく分からず、不安でいっぱいだったのですが、石井さんの本のおかげで自分をよく知れて、安心感が持てるようになりました。」


>> 自分と他の人の「ちがい」がわかった、というご感想、
>> 書いて良かったなあ、と思える瞬間の1つです。


#
「1月からブログを始めたのですがそこで知り合った福岡のminikin yoco.さんというアクセサリー作家さんが今タイ・プーケットに滞在中で石井さんの星座の本のタイ語版を載せられていました 石井さんは世界中にファンを持っていらっしゃるんですネ\(~o~)/ いつも筋トレ週報楽しみデス これからもよろしくお願いします! 」


>> そう、タイ語版「12星座シリーズ」出たんです!
>> ご紹介頂いたページはこちらです。


#
「いつも、ゆかりさんの星の解釈?を楽しみにしております。
星以外も楽しみになったのは…
ゆかりさんの日記を初めて読んだのが、鶴見の居酒屋さんのお話しでした。
鶴見在住の私は何かこうグッと捕まれたような気分になったような‥」


>> この日記は私もちょっと気に入ってるので、覚えていて頂けて嬉しかったです。
>> こちらです。


#
「射手座2012年の私にとっての「答え合わせ」は80点以上でした。年頭に考えていたこととは違うことで当てはまっていた事が多く、後になって振り返ると…!というのがスゴイな〜と感動します。」


>> 点数を付けて頂いたのははじめてだったので新鮮でした!(笑
>> 80点、うれしいです!


#
「ちなみに私の実家の士別とゆう所は星空自慢の街に最近なったそうです
確かに何もないから良く見れます
いつかいらしてみてください。」


>> 北海道士別、行ってみたいです!
>> ここかな? http://www.nmhokkaido.jp/asahikawa/detail/000210.php


#
「私が人に疲れきって、自分がわからなくなった時にゆかりさんの双子座の本と出会いました。
この本を読んで一番に思ったことが、「あ、私がいる」でした。
人と話すときや文章を書くときは言葉をとても大切にしようと思っているし、
好きなことや苦手なこと、考え方までほぼ私でした。
一番救われたのは、双子座の風景の章の17ページです(細かくてスミマセン;)
ここを読んで、私は今の私でいいんだ、ってほっとしたんです。
私、何をしても浅くて全然続かないし周りに合わせてばかりの都合のいい人間で、
完璧にできるように頑張った結果、パンクだけしてやーめた、
ってことが多いダメ人間なんだーって悩んでいたんです。
ただ、そのページを読んでからとてもほっとしたのを覚えています。」


>> ほっとした、というご感想も、とてもうれしいのです。ありがとうございます。


#
「2011年に雑誌で「占いドロップス」を見てからゆかりさんのファンになりました。独特の表現の文章が好きで、去年はゆかりさんの本を8冊購入しました。ツイッターで感想等を書き込んでいますがお気に入りにいれてもらって嬉しいです。青い鳥の本、赤い薔薇の本の挿絵も優しい色遣いが大好きです。フィガロの2013年の星占いの蛙やリスの絵も素敵です。」


>> 本や特集の「絵」、味わって頂けて嬉しいです。
>> わたしもいつも、とても楽しんでおります。
>> 編集者さんやイラストレーターさん、デザイナーさんたちの「イイ仕事」です。



#
「毎日、毎週のメッセージを、いつ更新されるかなと心待ちにしています。おばあちゃんの知恵(私より年下なのにすみません)を授かる感じで読んでいます。占いとして読むと勝手に凹んだりするので。。
今までで「おおっ」と思ったメッセージの一つはTwitterでの毎日の言葉です。「原っぱで四つ葉のクローバーを探すような日」だったのですが、私はその日、旅行先の小豆島でハートの形をしたオリーブを探していました。モロそのまんまの意味だったので笑ってしまいました。」


>> 文章が老けているとよくいわれます(爆
>> もとい、そんなふうに当たることもあるんですね、たのしいです!(笑



ご家族で読んで下さっていたり、ご友人と、あるいは職場の同僚と読んで下さっていたりと
占いをみんなで楽しんで頂いている風景がたくさんのメッセージから垣間見えて
とてもうれしくなりました。
また「占いは若い女性向けのものだと思いますが…」と言ってくださる方も多かったのですが
私の占いは老若男女関係なく読める事を目指して書いている、つもりです。
今回、メッセージの中に年齢を記載して下さるかたもあって、
それを読むと、10代から70代まで、幅広い年代の方がいらっしゃいました。
なんというか、じーんとしてしまいました。


本当に、皆さんに本をお送りできなくて心苦しいのですが
そこは、これから書いていく週報や、他の本での仕事などで、
「お返し」していけるように、頑張ります!


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!