石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

恐怖との戦い


今日は
親知らずを抜きに行くのだ。


完全に横倒しになっていて
肉の中に埋没しているやつだ。


そして私は
これだけは人に負けない自信があるのだが


ちょっとないくらい
臆病
なのだ。  orz




こわいです、サンタマリア!
わーん!!(涙



というわけで
終わったらここに
泣き言を書くことにする。


おれのいきざま
みとけ!!(自棄


というわけで
つづく。

      • -

歯医者から帰ってきました。


。。。。。



結論から言うと
親知らずを



(まだ)抜きませんでした(爆



応援(?)して下さった皆様
すみません。。。。 orz


いえ
決して、土壇場でへこたれて逃げて帰ってきたわけではないのです
その証拠に
むしろずっと痛かったって言うかなんて言うか
今も痛い(ちくしょう(涙



ことの始まりは奥歯の痛みでした。
でも、奥歯って
「どの歯が痛いのか」

なんかわかりにくいわけです。



レントゲンを撮ったりなんかして、勘案した結果
「どうもこの親知らずが怪しい」
となったので
「抜きましょう!」
となったのでした。


それで今日、予約通りに歯科に行ってみたのです
そいで
最初の診察の段階で一応、
痛い歯をもう一度、たしかめてみたわけです
こう
なにか硬柔らかいものをぐっと噛んで
「ここいたいですか?」
みたいに
ピンポイントに。


そしたらそこで
ひとまず、実行犯は親知らずではない
ことが判明したのでした。


色々相談して
とにかくこの、時々ぐきっと痛む歯を何とかしてから
そのあとで、親知らずを落ち着いて抜こう
ということに
考えがまとまりました。




今日は、その奥歯の、
過去の治療のかぶせものをはがして虫歯を削る
という行程が行われることになったわけです。



もちろん
たんと麻酔を打ってもらいました
「痛い!」
と左手を挙げる度に
何度も打ってもらいました



麻酔を追加してもらう度に
身体を起こしてうがいして一呼吸置くのですが
そのとき
目の前にある
おそらくリラックスするためのものと思われるテレビに
今調べたらおそらく「医龍」の再放送と思えるドラマが映し出されていて
起き上がるたびにたぶん自分よりずっと重篤な病や大変な手術のシーンをチラ見することになり
なんとなくこう
「虫歯くらいでガタガタぬかすな」
というメッセージのように感じられて
面目なかったのでした



しかし
私はなんかどうも
ふつうよりも「骨がしっかりしていて、厚い」らしく
麻酔がかかりにくい体質であるようなのです orz


そのため
ちょっとガマンしたりもしたのですが結局
激痛に耐えられず
今日は、麻酔がかかりきらずに
「まだ少し虫歯が残ってるけど、それはまた次回
ということになりました。


次回
っていっても
今回かからなかった麻酔が
次回はかかるのだろうか・・・


と思い
そう聞いてみたら
「ここまで時間をかけて刺激を与え続けてしまうと、
神経の方も、麻酔がかかりにくい状態になってしまうんです
なので、いったんおちついたところでかければ
また、ちゃんとかかります」
といわれました。


神経って
ふしぎ。。。。。



しかし


「この歯でここまでかかりにくいと
親知らず抜くときも、
かなりかかりにくいかもしれませんねー

ほら、ここが神経なんで、ふふふ」



って



ふふふふふふふふfぶsA%&h#$&d(号泣




そんなわけで
戦いはまだ
始まったばかりです



歯が痛いです
サンタマリア
うううう(涙



つづく。