石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

meeting


http://twitpic.com/1oao2o
http://twitpic.com/1ob3pn



ツイッタで教えてもらった、
金星と月のコンジャンクション
現場。



この位置は双子座だ。




金星は美と愛と価値の女神、ヴィーナス、アフロディテ
月は二面性があって、
繁殖の神のセレネ/ルナ、
純潔と狩猟の神アルテミス/ディアナの
2つ名を持つ。





処女性とエロスの出会いだ。
囁きかわしているおたがいの秘密。


双子座で出会ってるのだからたぶん
お互いがお互いの半身であることを知っているんだろう。



金星と太陽は大して離れないから、
彼女と会うとき、月はほっそりした姿をしている。
金星の姿を秋まで楽に、夕方の西の空に見られるのは
金星が太陽よりずっと先に走っていくからだ。
秋に彼女は逆行して、太陽を迎えに行く。
太陽と出会うと、今度は夜明けに姿を現すようになる。


双子座は、現在、金星と地球のランデヴーを報せる場所のひとつだ。
今年は蠍座で起こるけど
その次の2012年は双子座の番。


月は地球の分身のようなものだから
この情景は「約束」みたいにも見える。


またここでも、いつか会おうね、の。


      • -

そうだ
この、金星の逆行の場所については
ずいぶん以前にお問い合わせを頂いていたのだが
回答しそびれていた。


今週の回覧板でやろう。



って
いまちょこっとだけやると、



金星逆行は、金星が地球に接近するときに起こる。
8年に5回、だからだいたい、2年に一回。
今年は秋に蠍座でそうなる。
ホロスコープ上で、金星が逆行して太陽と重なっているとき、
太陽・金星・地球はこの順番で一直線に並んで、「内合」の状態になっている。


その場所は今は、ホロスコープの上では
双子座・山羊座・乙女座・牡羊座蠍座の5カ所で
じりじりと逆行している。
「内合」の地点は、一つの星座を出るのに100年くらいかかる。
だから金星の長期滞在はこのところ決まって
この5星座の近辺で起こる。
今年は蠍座から天秤座だ。
それから一筆書きで五芒星を描くときのように、
2012年・双子座、2014年・山羊座・・・とつづいていく。



逆行を「不運」と捉える人がいるけれど
私はそれは、違うと思っている。
逆行は、人間が自分の想念の世界から出るための手掛かりなのだ。
天動説から地動説に近づくための
一歩でも世界に近づくための、
一歩でも真実に近づくための、手掛かりだ。


「真実の愛」を欲する人がたくさんいるのに
逆行が忌まれるのはどういうわけだ。


「本当の愛」と口にする人はたぶん
「自分が思い描いただけの、都合の良い風景」のことを言っている。
ほんとにほんとの「真実の愛」は
逆行の光の中にあり
そこでこそ接近していて
間近に、ありのままの姿をさらしている。


愛の星が私たちに近づく、
金星は満ち欠けする、
まさに逆行の最中、
内合でうまれかわる。
新月のような「新金星」、
愛が生まれかわるのだ。




今度のそれは10月末。
星の時間はこんなふうに、たのしい。


          • -


あかつき、打ち上げ迫る。
http://www.stp.isas.jaxa.jp/venus/