石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

新潟、明後日スタート。


Webサイト「筋トレ」10周年を記念して企画した、
相田諒二・山口達己 写真展。
http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/2010sp/
すでに渋谷・ルデコで大盛況(ウソでもタテマエでもなく、みんなびっくりするほど本当)のうちに東京開催を終え、
ついに新潟市のギャラリー「蔵織」で、新潟展が明後日から始まる。



この写真展は、2人のアーティストの作品をがっつり、
一切のタイトルや説明がきなしで潔く勢いよく展示するとともに、
「図書室」という部屋を隣接させて、
「通り過ぎるのではない、しばらくゆっくりそこにいられる場所」
を実現した、
徹底的にリアル・アナログの世界だ。


私が自分勝手に皆さんにお願いをして、それでできた。


新潟開催では、会場の広さや協力者の皆様の支援があって、
トークイベントや新潟花街の芸妓さん達の舞踊鑑賞など
渋谷のスペースではできなかったような催しもできることになった。


私が現場にいるのは、土日。
当初は毎日のように詰めるつもりだったんだけど
どうしてもよんどころない事情があって
それが叶わなくなってしまった。
単に、仕事が忙しい、とかなら、
現場にノートパソコン持っていってその場で原稿仕事するんだけど
そういう問題で片付かないことが突発的に起こってしまったので
痛恨なんだけど、常駐は断念せざるを得なくなった。


でも、毎日「お手紙」を、来場者様宛に送ろうと思う。
そこに、事情なんかも少し書くつもりだ。
毎日届いたら、最初にその手紙を読む方に、開封してもらって
ファイルにおさめて頂き、皆様にお読み頂けるようにして下さい

スタッフの小林さんにお願いした。


東京同様、下半期占いも無料で配る。
東京会場で書いて頂いた雑記帳もひきつづき、
新潟で置いてもらうことにした。
東京会場とはまたちがった雰囲気だと思うけど
でも、渋谷と同じく、
皆さんがいってくださった「あったかい感じ」は
きっと、感じて頂けると思う。


なぜなら、本当に思いがけないことだったんだけど
渋谷開催の時、
カメラマンの相田さんはもとより、
蔵織オーナーの志賀さん、
新潟スタッフの小林さん(とその妹さん、お友達まで最後撤収に来てくれた)、
新潟市役所の五十嵐さん(芸妓さんのイベントを手配していただいた)までが
渋谷会場に、一度にとどまらず、足を運んで下さったからだ。
皆さんたまたま、その時期に東京に用事があったりされたついでではあったけど
こってり会場に滞在して頂き
沢山のお客様の姿をみて頂き、
雰囲気や、皆さんの表情や、そこで起こっていることの様々を
めいっぱい感じて頂けた。
この展覧会は渋谷と新潟で「1つ」なので、
その最初の半分を、関係者のほとんどに体感して頂けたことは
すばらしいことだったし
もっと言えば、
あのあたたかい雰囲気そのものができたのは
そのこともあったからだと思う。
ユーザだけではない、
開催側も、このイベントを気に入って、大事にしてくれていたから
つまり
「用意と卒意」の両方が両方から支え合ったから
あの、ささやかだけれどとてもゆたかな時空ができあがったのだ。



いらっしゃるご予定の皆様、
スタッフ・関係者一同、心よりお待ち申し上げます!
どうぞよろしくお願い申し上げます!!!