石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

おみくじ。


筋トレ10周年記念・写真展の件で
今、インタビューしに新潟に来ているのである。


その合間に
上古町商店街振興組合の迫さんに
あやしいお願いをしてきた。


迫さんは
ヒッコリー・スリー・トラベラーズというお店を経営してる方で
デザイナーやイラストレーターでもある。


このお店に
今回の写真展のはがきを置いていただいている。


このはがきに
XXXXXXするのを手伝って欲しい
とお願いしたのである。


それは・・・・
 ↓





これから発送予定のはがきを
私は今、
「おみくじ化」している最中だ。


おみくじといっても
このはがきに占いめいたことがかいてあるわけではない。


このはがきには単に
あるURL(Webサイトのページのアドレス)と、
数字が書かれているだけだ。



そのURLのページをパソコンであけると(携帯でも開くと思うけど)
1から50までの数字が、それぞれリンクとしてならんでいる。
(このURLは、
 http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/2010sp/
 の最後に5文字くらい足すだけでできる。
 だからこのページを開いてから、そこに文字を付け加えればよい。簡単。)
この中から、はがきにある数字をクリックすると


おみくじの文章が出る


というわけだ。


当初
おみくじの数字を出すのは私だけ
だった。(あたりまえ)


しかし
この数字を出すのは別に私だけじゃなくても良いし
新潟でも是非、せっかく50も書いた文章(みじかいけどね、すごく)を
読んでいただきたい
と思ったので
だれかわたしのかわりに巫女さんになってくれないかなー
と思っていたのだ。



迫さんだ!
みこさん、と1文字しか違わないし!



思いついたのだった。


新潟におけるおみくじのひきかたは
以下のようになります。


(1)まず、古町のヒッコリー・スリー・トラベラーズに行って
  筋トレ10周年企画写真展のはがきをもらう


(2)迫さん(上のリンク先の写真の左手前のめがねの男性)に
  「すみません、お忙しいところ恐縮ですが、おみくじの数字を下さい」と言う。
  (もしかしたら他のスタッフの方もやってくれるかもしれない。)
  すると、迫さんが、おみくじページのURLと、自分ルールで決めた数字を
  その場で書いてくれる。


(3)「ありがとうございました」と言う。
  ※気に入った小物などがあればそれを買うと、さらに運気がアップします(まじか
  ※古町商店街のことはなんでも知ってる人なので、耳より情報も聞けます。
  ※石井ゆかりの印象なども聞けるかもしれません(あまり聞かないで下さい


東京では、ルデコさんに行けば30枚だけ、
おみくじつきのはがきが置いてあります。



というわけで
是非お試し下さい。はっはっは。

おみくじのナカミは
いつもの石井ゆかり風で、
イミフメイ
です。


会期中はさらに100番まで増やしてみようとおもいます。


もし
「自分もはがきを置いて巫女さんになりたい!」
という新潟古町近辺の方がいらっしゃいましたら
ぜひご一報を。
お待ちしております。いえい。



もしだれもこなかったらどうしよう・・・・



変装して自分でいこうかな(爆


みなさん
どうか
一緒に遊んで下さい!!!!!(どんなだ




あと
おみくじのナカミは
時間が経つとじわじわと変わったり増えたりするかもしれません。


ふふふふふ。