石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

日本昔話

こないだ
あまりの肩凝りに耐えかねて
アン○ルツ・ヨコヨコ
のようなもの(正確な銘柄が思い出せない)

肩にコテコテに塗ったのだ。


あの、ムヒみたいな感じで塗る、
液体の肩凝りの薬である。





塗ってからしばらくして
じーん
と熱くなってきたので


おお
効いている・・・



と納得して仕事を続けた。



しばらくして
ディスプレイの見過ぎで眼が痛くなってきたので
気分転換に
自転車に乗りに行ったのだ。



どんどんどんどん乗って
30分くらい経過して
だんだん汗ばんできた頃



肩に異変が起こった。



なんと
燃えるように熱くなってきたのである!!


ひりひりをとおりこしてビリビリ
これはヤケドするぞ!!
と確信するくらい熱くなったのだ。



思わず着ていたジャケットを脱いでみたけど
発熱は治まらない。


なんじゃ−!!!
こりゃ−!!!

あまりの奇怪さに血の気が引いた(んだけど肩は燃えさかっている)



トイレに行って、水で濡らしたティッシュで肩を拭いてみたけど
状況には変化がない。


だが
しばらくじっとしていたら
だんだんおさまってきた。



しかし
自転車に再度乗ってしばらくするとまたも
ごおおおおおおお
と肩が燃えてくるのだった。


何十年かぶりに




カチカチ山



の話を思い出した。






皆様
アンメ○ツ的な、あの、塗る肩凝りの薬には








気をつけろ!!!!






です。
要注意です。




あまりの肩凝りで死ぬかと思って
そのあと
肩凝り薬のあまりの熱さに死ぬかと思った。
2度
死ぬかと思った。



人生はほんとうに
何が起こるかワカラン。


          • -

その日
やっぱりあまりに肩凝りがひどかったので



肩凝りで死んだやつっているのかな




ついったで呟いてみたら


肩凝りはどうかわかりませんが
水虫で死んだ人はいるそうです


というレスがあって


ぞぞぞぞぞぞ
となった(涙


          • -



しかしあれだ



血行をよくするために暖める薬



血行が良くなると効いてくる(熱くなる)



というのは



なんなんだそれは。



わけがわからん。




たぶん、あれだ


「相手を変えるには、まず、自分を変えましょう!」



みたいなことなんだな(きっと



なんかこう
哲学的な薬だ
と思った。(適当