石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

つぶやき。

星占いは「られる」と「する」が、あんま区別ないんだよな・・・
だってこっちから近づこうが向こうから近づいてこようが
「距離が縮まる」のは同じことで、
星占いってそも、天動説で、
地球が動いてるくせに「太陽が回っています」とかトンチキなこと言うんだから、
自己都合も相手都合もくべつしてないんだ
ごっちゃになってて
自分勝手に「アンタが動いてる」って言ってる占いなんだ。



だから「誰かから朗報が!」っていうのも
「貴方が誰かに朗報を!」っていうのも
乱暴に言えば
どっちでもいいんだよね。
だって二人ともよろこんでるんだからさ。



だから
「なにもいいことがない」と思ったらとりあえず
隣の席の人の服でも褒めて喜ばせてあげたりすればいいんだと思うけど、
でも、
自分がめちゃくちゃに疲れて悲しんでたら
そんな余裕もないよな


だから、
余裕無いはずの人が優しくしてくれるとすごく感動するし、
この人はたぶん、
すごく運がよい人なんだろう、と思ったりする。



しかし
「星が逆行しています」
なんて、
よく考えると、もうむちゃくちゃだよな、ははは。
中央線乗ってて総武線追い越して
「ああ!総武線が逆行してます!」
なんて言うんだ、
でも
人間ってそういうところがあるんだろう。

自分が追い抜いただけなのに「あの人は後退している」とか。
逆もまたしかり。


でも総武線は千葉にいくし、中央線は東京でとまるんだよ!!


東西線はあたしをのせても新宿におろしてくれないんだよ!!! (←このフレーズ気に入っているらしい


      • -


以上
本日のついったーより。


つぶやきというには長すぎたので
移植してみました(爆