石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

あたらしいことば


「なにげに」


は嫌いなんだが


「マジぱねぇ」



わりとすき。



なぜかなあ
と考えた。







「なにげに」は「なにげない」からきているのだと感じられるが
そう思うと
肝心の「ない」がとれてしまっている。
だからなんとなく、マチガイ感がある。
意味のあるものが、取れてしまってるからだ。
でも
「マジぱねえ」は
「マジでハンパじゃない」
という骨格がだいたい、きちんと残っている。
だからまちがった感じがなく
さらに

がおもしろい。

で切ってしまってるところがすごくおもしろい。


それになにより
言葉全体に、明るく積極的な勢いがある。


思うに


「きもい」「うざい」


などの否定的な言葉も、なんとなく私は好きになれないのだ。


一方、ついったーの


「●●なう」


は好きだ。


「超●●」


とかも出始めから好きだった。


たぶん、私は感動がある言葉が好きなんだろう。
意欲とか、情熱とか。
「なう」はなんか「今を生きる」感じがあるし
「超●●」にも強い感動が込められているし
「マジぱねえ」も、驚きや衝撃がつきぬけた言葉だ。

という半濁音にはじけた明るさがある。


たぶん
「なにげに」は、どうも、やる気がないのだ。
勢いや輝きに欠ける。
「きもい」「うざい」にも、やる気や勢いは感じられない。
「ちょべりば」はすきになれなかったが
「ぶっちゃけ」は覚えてすぐ使った(ような気がする)
ぶっちゃけ、は開放感があってとてもいい。



情熱や意欲がある言葉には
コミットする意志が感じられる。
何かが嫌いだとかだめだとかいうための言葉は
対象と距離を置く無関心さがあって
たぶんそのせいで
好きになれないんだろう。
「ぶっちゃけ、どうよ」みたいなまともな踏み込み感は素敵だ。



新しい言葉は古来連綿と生まれ続け、
今も日々、生み出され続けるが
勢いのある肯定的な表現が
たくさん生まれれ


とおもうのであった。まる。