石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

テスト


ロンドンなう。


ということで
はてなダイアリーの更新ができるかどうか
テスト。


できなかったら
週報が・・・・・っ!!



今週の週報は
テンポラリのページのみで
ロンドンからお送りします。どうぞお楽しみに



つっても
いつもと別に
かわんないです。ははは。

      • -

なんか今回の旅は
修行みたいだ。
こういう、問答無用の大都市にいると
自分の弱さや悪いところばっかり再発見してしまう。


修行ってそういうものだって
以前、教えてもらった。


言葉人間のわたしは
言葉が通じない場所にいるのが
ものすごくこわいのだ。


でもそういう体験って
必要なんだと思う。
言葉を書いてるときは
自分がなんなのか、よくわかってるような気がするけど
それは気のせいで
ほんとはなにもわかってないのだ。
なにもわかってないということをわかるための旅
ってのが
私の旅なんだろうな。



相識満天下 知心能幾人
相知るは天下に満つるも 心を知るはよく幾人ならん


知り合いは天下にたくさんいても
心を分かり合える相手はいったい、世界に何人いるんだろう。


この言葉は仏教の言葉だ。
今やってる仕事の資料に出てきた。


こういうふうに、言葉がわからない場所にいると
心細くて、孤独になっていって
この言葉の意味が、刃物でざくざく切られるみたいに心に響いてくる。


ほんとうに心を分かり合える相手なんか
人生で1人か2人くらいしか会えないんだって
こないだツイッターで書いたけど
海外旅行に出て、言葉が通じない場所にくると、
いつもひしひしと
本当にそうなんだそうなんだと畳み掛けるみたいに感じてしまう。
そういう人に出会えたとしても
接することが許されるのはほんの一瞬だ。



あとはこういう一人の時間の中で
自分の醜さや弱さ、小ささに幻滅したりそれと闘ったりの苦痛を繰り返す。
なんのために?
自問が果てしなくつづくけど
変に悟ったふうなことをいったりわかった気になったりしたくない。
徹底的にわからずやの間抜けでいたい。


。。。。


というわけで
もすこし仕事してから
また修行に出てこよう(爆