石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

肉眼


久しぶりに虹だ!



最初こうで






あとで、少し伸びた。



今もかすかに見えてるけど
もう日が落ちるから
すぐ消えてしまうだろう。






いろんなことをしばし
思い出しながらみつめていた。



虹は記憶にしか残せないものだから
虹を見ると、記憶に触りたくなるのかもしれない。


記憶の手触りや手応えをたしかめることで
この虹が「ある」ことを
確かめたくなるのかもしれない。


それは「私」が「ある」ということでもある。



虹を見るとき、人はたぶん
それを見ている自分というもののあやふやさと手応えを
いつもとは違う形で感じているんだろう。



最後、あえかに濃いピンク色が残っている。




      • -

http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1248693225

この飛行機に
のりてーーーーーー!!!!







何が見えるんだろうなあ








虹のたもとはどんな景色か知ってる?
って
教えてもらったことがある。






それは
金色なんだそうだ。




全てが金色に輝いているんだそうだ。




虹の中じゃないけど
そういう景色なら、けっこう直近に知ってるよ、と
そのとき思った。








大好きな人と過ごす時間は
みんな金色で
虹のたもとだ。


短い時間で終わってしまうけれど
それは長い時間を経た後でも
いつでも思い出せる。