石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

wonder


iPod聴きながら電車に乗ってて
同じようにイヤホンしてる人を見て
何聴いてるんだろう
と思う。




もし
同じのを聴いてたら
それがわかったら
すごくうれしくなっちゃうだろうと思う。
調子に乗ってはなしかけちゃったりしたりとかしたりするかもしれない。


以前、
「そいつはどうしようもないヤツだけど
 なぜなんとなく友達でいるかというと
 自分と同じバンドが好きだから」
と言った人がいて
何か納得した。



同じ音楽が好きだとか
同じ芸術家や作家が好きだとか
それだけで親近感が湧く。
でも
だからって相手がイイヤツだったり
相手が自分をイイヤツだとおもったりするかどうかは
わからないわけで


だから
やっぱり
電車の中で隣の人が何聴いてるかは
解らない方が良いんだろう
とはおもう。


でもわかったらちょっとおもしろいのに
って
いつもおもっちゃう。


こうなったらいいな、と思うことがあっても
ほんとうにそうなったら、
うざ!!
ってなったり
変なことが起こったりするのは
もう
日常茶飯事なんだよな



「3つの願い」式のことはどこででも起こっている。
3つだけ願いを叶えてあげますよ
と言われて
1つめの願いがばかばかしく
2つめの願いは1つめをバカにしてなおのことばかばかしく
3つめは、2つめを帳消しにするために使われる

元通り
という、アレだ。



お話では
魔法だから
元通り
になるけど
現実は「もとより尚悪い」になってしまうことが多い。


みんなが忘れてしまうまでそれが続く。



珍しく迷ったりしても
迷ってるってことは迷いがないより現実的で
だからたぶん、その方がイイのだ。
迷わないということは
何かが見えてないということなんだ。



今日も曇り空だけど
魔法なんかアテにしないぞ。