石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

運が良い時、運が悪い時
というのがほんとにあったとして、
運が良い時はいろんなことをすべきで
運が悪い時は死んだふりして寝ていろ
という考え方がある。
まあ、そういう考え方も
一理あるかもしれない。



でもあれだ
私は基本的に
「運が良かろうが悪かろうがもがいてがんばってる方が先に進むのはマチガイナイ」
と考えている。
だから
「今は不運だからなにもするな」
と占いで書いたことは多分
一度もない。





調子がよくなかったり、疲れたり、やる気が起きなかったりする時は
ムリしないで休みましょう
やる気が出るまで待ちましょう
とは、よく書く。
でも、元気もあってやる気満々なのに
「今はいくない時期だからやめとけ」
というのは全然間違ってると思う。
更にいえば
「どうもイイコトが起こらないのですが、
 今は何かすべき時じゃないのでしょうか」
とか
「結婚したいけれども今は良い時期なのでしょうか」
とか
そういう時は
「時期」よりほかに考えてみるべきことがあるんだろうと思う。
内心でなにか、考えそびれていたり
引っかかっていたりすることがあるから
一歩進めないんだろうと思うのだ。


大殺界
というものについてのご質問をしばしば頂く。
私はこの話は実はよく知らない。
ある占いで
「その時期は何をやってもうまくいかない」
ということになっている、らしい。


「筋トレ」を始めた頃、
計算によると私はちょうどその「ダイサッカイ」だったらしい。
まあ、ボロボロに疲れて倒れるように会社を辞めて、
前途多難な頃だった。
この先どうなるのか見当もつかなかった。
だけどちょうどこのとき「筋トレ」を始めたし、就職もしたし、
やっぱそれで良かったと思う。
苦しかったし、うまくいかないことも多かったし、
心配事だらけだったけど、
でも、動くことやスタートすることをやめなかったのは
ほんとに良かったと思ってる。


最近頂いたメールに、
今大きな転機で、ホントにいろんなことがあって、
で、聞くところによると自分は今「大殺界」らしいんです
ということが書いてあって
でも、ワクワクしていて、元気です
というふうに書いてあって、
そうだよね、わかるなあその感じ
いいなあその感じ、好きだなあ

あのころを思い出したりしたのだった。



運が良かろうが悪かろうが
方針はいつも同じなのだ。
ただ、自分の体の調子とか、意欲の向き方とかには
逆らわない方がイイのかな、と思う。
やる気がない時は他のことをした方がイイし、
調子の悪い時ムリして動くと大変なことになることもあるし、
恋や何かで頭がいっぱいの時だってあるし
そういうときはめいっぱいそれに浸かっておく方がイイし、
なんだって、そのときの状態っていうのは
それそのまま
なんだから、
それを受け入れて、
基本方針は「前進」で、
そうやっていくしかないんだろうと思う。



体調が悪いから今は休もうの時期
というのはあっても
運が悪いから何もしない方がイイ時期
というのはナイ


はず


というのが私の占いの基本方針、かもしれない。



こういう「基本方針」は
占いの技術や知識とは少しずれた場所にある、ような気もする。
占いの本にはあまり
「じゃあどうすりゃいいんだよ」
というのは書いてないのだ。


じゃあどうすりゃいいんだ
というところを考えるのは
依頼者の方なんだろうけれども
私はそこを無視したまま占いの答えを出すっていうのはどうも
違うような気がする。
船乗りと飛行機乗りでは、必要とする天気予報の種類は違うだろう。
出所は一緒でも
出すものには差があるはずで
そのあたりをちゃんと考えないと
どんな情報だって、意味がないと思うのだ。