石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

ユーカリ


コアラがひねもすのたりのたりしてるのは
あれは、ユーカリの葉の毒を解毒してるから、なんだそうだ。
腹一杯ユーカリを食べて
その毒を身体に取り込んで
じわじわと時間をかけて消化して
またユーカリを食べる。
これは
アルコールと宿酔いの関係に
とてもよく似ている(のでコアラの気持ちはよくわかる(ような気がする





悲しみを悲しむ
さびしさをさびしがる
ということができるようになったのは
大人になったってことなんだろうなあ
と思う。


さびしかったりかなしかったりすると、以前は
身もだえして、言い訳して、誰かに電話したりして
どうにかしてその悲しみを打ち消そうとしたけど
今はそういうことはない。
じっとさびしさや悲しさを味わって
それをコアラみたいにじわじわと身体の中に取り込んでしまえる。


コアラがくり返し、淡々とユーカリを食べるように
大人になった今は
悲しみ自体を怖がったり不安に思ったり拒絶したりしないでいられる。
ユーカリを食べたらなにが起こるか解っている。
だから、寂しい気持ちのままで、元気にしていられる。
寂しい気持ちを抱えたままでも心から何かを楽しめるし
一生懸命仕事もできる。


おとなってすごい。

ちょっと自賛(爆


だってユーカリを食べることはコアラがコアラである上で欠かせないのだからして
それは仕方がないのだ。
その毒を引き受けてこそ、コアラがコアラたりうるのだ。
ユーカリの毒以外の部分が
コアラをコアラたらしめていて
さらにいえば
毒のためののたりのたりまでを、コアラの特徴となしえている。
毒はなくならない。
ユーカリを食べることが止まない限りは
ずっと毒がコアラの中にあってしくしく
その臓器のかたすみをさいなむ。
だけど、コアラにとって「幸福になる」ということは
毒がなくなることじゃない。
ユーカリを毒もコミで
腹一杯食べ続けるのがコアラの幸せなのだ。たぶん。



コアラは厳然とユーカリを食べる。
そしてのたりのたりしている。
それがコアラなのだ。





つまりそういうことなんだ。
すごくシンプルだ。