石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

バレンタイン。


こんにちは、・・・・・




今年はなんか自分的にセックスシンボル(?)がいないな(ぶー


一昨年はゆかりオブジョイトイ
去年はゆかり・ディゾンだったのだが・・・


エイミー・ゆかりバーグです


っていおうかと思ったんだけどちょっと違うよなー


がんばれ、アイドル。




毎年恒例
バレンタインの特別デザインです。
なんか使いづらいぞ(それに読みづらい


      • -

昨今では
義理チョコならぬ「世話チョコ」なんだそうである。
お世話になった人に贈るらしい。
というわけで
私も昨日少々フライングながら
世話チョコ」を渡してきた。

一方では私に「世話チョコ」をくれるかたもあって
(この場合の「世話」はどちらかというと私が世話をしてもらっているかたちの「世話」だな・・)
交換
みたいになった。


バレンタインも、だんだんクリスマスめいてくる。


子供は不思議とみんな、甘い物が好きだけど(脳が成長するのに必要なのだそうだ
大人になると「あまいものはちょっと」という男子も増える。
だいたい、甘党は女性に比べて少ないはずの男子に
何故チョコを贈ることになったのか疑問だが・・・
人は結局は、自分がほしいものを他人に贈ってしまう
という
人間心理を鋭く突き刺したマーケティング戦略だったのだな(おそるべし、メリーさん



子供の頃は学校とかちいさな範囲に人間関係が限定されていたため
渡すか渡さないか
という選択はあっても
渡せるか、渡せないか
ということは問題にならなかった。
でも大人になると
そのタイミングでちゃんと渡せることのほうがむしろ
少ないかもしれない。


チョコレートを渡したい相手がいても
そのとき目の前にいない。
贈り物を渡したくても、なかなかちょうどいい時に会えない。
遠く離れていたり
忙しかったり
もう絶対に会うことができなかったり、する。


目の前にいるときはそれが当たり前みたいに思えるのに
目の前にいなくなると
目の前にいたことが貴重な、本当に貴重なことだったのだと思える。


そう思えたとき、
いままではどうも
「この先会えたときは、もっとその時間を大事に使い倒そう」
としか思わなかった。
でも、
今は、未来のことも、もちろん
もし機会があればことさらにその時間を大事にしようと思うけど、
さらに、過去の記憶についても
会えた時の記憶を無くさないようにしよう、
それがあったということをなかったことみたいに軽んじるのはやめよう
と思うようになった。



気がつくと一人で道を歩いているけれど
でも
そうじゃないときもたしかに、「あった」のだ。