石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

count

もう少しで


「筋トレ」トップページ
http://www.st.sakura.ne.jp/%7eiyukari/
のアクセスが
1000万ヒットになる。
大台。


今見たら
09971496
ってなってたから
ええと


あと
28504(←電卓試用



引き算するにも
ゼロの数がワカラン(←はじめ100万から引いて間違った。バカ。


サイトをスタートさせたのが2000年3月21日だから
あとすこしでマル八年となる。



指を折って数えたので
マチガイナイ(←古い


丸八年で一千万ヒット・・・・


うち、自分でアクセスしてる回数って何回くらいだろう。
最悪でも週に1回、更新する時必ず、アクセスしてるわけで
そうだなあ・・週に5回くらいとして
最初の頃はカウンター見たさにけっこうあけてたからなあ
あと、メンテナンスの時もチェックするためにけっこうぱくぱくやるから
ひらたくして、うーーーんと単純にして
1年三百六十五日で1日1回として
8年で2920かあ・・


もっとあけてるだろ(ヲイ


というわけで
自分では多分一万回くらいだと思うので(←無根拠


一千一万になったら
なにかお祝いをしよう。



なにしようかなー





そうだ




一千一万になった日、
どっかに「はい、今から○時間以内ね」とか書いて
そこから「ストップ」と書くまでにメールを下さった方の中から
抽選で数名様に
石井ゆかり福袋」
をお送りしよう。


ただしそのメールには
・合い言葉(上記告知の中に明記)
・住所氏名(郵送するので、リアルで使えるもの)
・生年月日と生まれた場所と生まれた時間
を書いてもらい
メールの表題は「祝・一千一万ヒット!」としてもらうことにしよう。



そしてできれば
福袋のナカミをご自身のブログなどで公開してもらうようお願いすることにしよう
(そしてやはり気が向いてもらえたらTBを打ってもらうようにしよう(そしたら事実だということがわかる。))



さあ
どうする。


っていうかそんなことやってる暇があるのか



・・・
仕事します(いまします、いま

    • -


ありがたいことに
「筋トレ」は、リピーター様がとてもたくさんいてくださる。
何年も見てくださってる方からメール頂いたりする。よくする。
さらに
「筋トレ」はかねてから
「筋トレ」ってぐぐると、トップに躍り出たり2番手に躍り出たりする。
なので
ほんとうに筋トレをしようと思ってフィットネス
な人たちがまちがってトップページをあけている回数も
相当なモノだと思う。


だから
トップページのアクセス数なんて
あまり意味がないよ
と考えることも、まあ、できる。


でも
サイトオーナーとしては
やっぱり
うれしいんだ。


だって
自分が作ったおにぎりをどーんとテーブルに置いて
みんながむしゃむしゃ食べてくれてすぐなくなったらうれしいじゃんか
それと
すごくにてる。



今日、ほんとにさっきなんだけど
メールを1通頂いた。
占いなんか信じないけど、この文章が良かった

先々週の、ある星座の週報の中の数行をコピーしてくださった。
自分でもう一度見直してみたら
そのメールのコピーは、すこしだけ
意味が通るように編集してあった。


読んで下さって
コピーして下さって
編集して下さって
それで
送って下さった。
だいじにしてくださってたのだ。
先々週の週報。


書き手冥利、というに尽きる。



「筋トレ」は「仕事」じゃない。
でも、今は、単なる趣味かというと、そうでもない。
最初は単なる趣味で完全に個人的なモノだったけど
今はたぶん、全然そうじゃない。
公共性があったり社会的責任があったりする
というのとも
これはちょっとちがう。


なんていうか
来てくださっている方の考えや私との接し方は全部
千差万別なんだけど
どういったものかむずかしいんだけど
最初の頃みたいに全てのコメントやメールにレスしてるわけでもないし
こういうの、おかしいんだけど


私のサイトはどうも、one-to-oneの感覚が抜けないサイトだ。


いまだにそう思う。
これからもそういうほうに変えたい。
このところ少しそれがゆるんできて、
自分で、嫌な感じがしていたから。


それは、ムリして全てにレスポンスする、とかそういうことじゃなくて
なんというか、サイトのスタイル、みたいなもののことだ。
やればいいってものじゃない。
でも、やらなきゃいけないことというのはたぶん、ある。
それは義務じゃなくて
理想とか美意識とか価値観とか
そういうのに近い。


みんなに読んでもらえる文章を書くことと、
one-to-oneであるような感覚を保つことは
私の中では妙な具合に
矛盾は、しない。


このことは
私の文章を好きだと言ってくださる方にはたぶん
なんとなく
解ってもらえるんじゃないかと、おもっている。


それは私の甘えだろうともおもうけれど。



みなさま、あらためて、ほんとにどうもありがとう。





上記、石井ゆかり福袋計画、本気です
乞うご期待v