石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

昨日、朝日カルチャーセンターにて。

昨日、9月1日。
大阪朝日カルチャーセンター様にて、ほぼ100名様(若干名様、欠席があった)を前にして
星占いのレクチャーをやらせていただいた。

      • -


まずは
いらしてくださったみなさま



本当にありがとうございました!!!


緊張してるうえにもともとカミカミっていうかしゃべるのが決して得意でないこの私の
冗長で失言混じりな拙いトークを温かく見守っていただきまして
ほんとに感謝です。ありがとうございました。

      • -


はっきり言って最初は緊張した。
そもそも、ビルを間違えた(爆
隣のビルに入ってしまって5階まで上って
「朝日カルチャーセンターは隣のビルです」
という看板にでくわし
「お約束通りかよ自分・・」
と、ちょっと暗雲たれ込めた。
ようやくついて、ある方のお誕生日を間違ってワークシートを作っていたことが判明。
慌ててその場で再作成。
・・・で。時間でーす。
どきどきどきどき

心の準備というものが(←完全に自業自得


そういう状態で教室に入り
クリップのマイクをつけてもらったりしてさらに緊張し(てっきり、手に持つヤツだとばかりおもっていた(カラオケ気分))
いつも一人でとっととはじめてしまうのでそのつもりでいたら
主催者様からの「ご紹介」というのがあるのである・・・・
そうか
そうだよなフツウ。



それを聴きつつ
どういうあたりから話そうかなあ
しゃべり出しが肝心だよなあ
などと逡巡していたら


主催者様ご担当者のK様が、私の紹介として
「星占いというちょっとアンダーグラウンドな内容の企画で・・・」
というナイスアシスト(さすが主催者様。ベストサポート)
よしオッケーそれもらった
ということで
アンダーグラウンド
をしっかり活用させて頂いた(K様ありがとうございました)
ちゃんと
あとでいじらせていただいたことをあやまって(というかナイスボケ(?)にお礼を言って)おいた(爆




今回は「初心者向け、出生図の読み方」で、
四ッ谷や池袋でやった「12星座シンプル」とほぼ同じ内容だった。
何回かやった反省をもとに相当整理したけど
やっぱり最後は時間がいっぱいいっぱいになってしまった。
12星座を一つ一つ追っていくところでは
もう少し厚みとか深みとか具体性とかのあるお話がしたかったのだが
なかなか思うようにネタが出せなかった。
あれもこれもいいそびれた。ああ、あれもこれも。あれも!
あと、ご感想をうかがうところで
もっとお話を引き出せるような質問の仕方ができるようにならないと・・・と反省。
ご意見をうかがった方から何通か、
「突然だったので少ししか話せなかったけど
 もっといろいろ話したいことがあった」
というメールを頂いた。
私の聴き方がもっと上手だったら、それを引き出せたのかも・・・と思って、悔しい。
インタビューのコツとかを勉強してみたい。
まあ、人数が多かったので、コメントを求められた方も緊張なさった面もあったようだ。
そうだよな・・私だって、こんなに準備しててもあがるんだもんな・・
なんたって100人前にしてしゃべるのは緊張するよな・・
このあたりはもう少し
やり方を考える余地がある。
もっと「インタラクティブ」になるような仕組みを考えなきゃ。
まず自分がしゃべれるかどうかでいっぱいいっぱいだったのを
もうすこし柔軟に考えられるように広げていきたい。
以前もこれ、反省したんだった。
今回はごくビミョーに工夫してみたのだが・・・・微妙過ぎた(爆



内容についても、もっと工夫できることがたくさんあるような気がした。
何度かやってみて形がまとまってきたけれど
これ、もう一度、1から考え直す必要があるかも知れない。
最初の部分も、初めてやった頃から考えればだいぶ、マシになったけど
でも、もう少し面白くコンパクトに出来るような気がする。
ツマンナイと思われた方もあっただろう。
言葉遣いも失礼なところもあったりしたと思うし
事前にそういう表現みたいな所も練っておけば
もっとわかりやすく、すらりと話すことが出来る気がする。
星占いは「貴方は」という2人称のテーマだ。
でも実際、そんなのはとてつもなく傲慢なことだ。
よく知りもしない相手に、架空のシステムを使って
「この日の生まれの人はこういう人です」
などと決めつける。
自分では悪気がなくとも、不快感を与える表現を、たくさんしているに違いない。
どんなに気をつけても、やってしまっているはずだ。
そう思うと、怖くなってくる。
少なくとも、出来る限り気をつけなければならない。
そういう意味でも、もっと詳細に内容を練らなければならない。
何を話しただろう、どんな表現をしただろう、と
あとで反芻して、自分でぎくりとする部分がたくさんあった。



で。
今回は、主催者様に使って頂く初めてのイベント、
ということで、
いままでのように
「面白くなかったらオカネはいらないです」
とは、ぜったい言えない!
という背水の陣(オオゲサ)だった。
なので
「つまんない!お金ソンした!返せ!」
と感じる方ができるだけ少なくなるよう、
「おみやげ」
を用意することにした。
リードタイムも長かったし、なにせ「出生図を読む」なので出生図がいるわけである。
なので、出生図(フラットチャートだけど)を
100名様分(キャンセルとかもあったので結局105枚くらい書いた)手書きし、
そのチャートを見て、ぱっと受けた印象を簡単に、ヒトコトのカード(55×91mm)に書き、
小さな封筒(70×105mm)に入れて皆様にお渡しした。
実は、最初は「40人程度で」というお話だったのである。
なので、ワークシートとコメントカード、とご提案したのだったが
それが募集の蓋を開けてみたら倍以上になったので、正直なところ
「マズイ(滝汗)」
とおもった。
しかし
女一匹、やるったらやるのだ
と妙な意地を出し、乱筆もかまわずばりばり書いていった。


この作業をやってみて・・・
まず、自分の字の汚さに唖然とした(皆様すみませんorz)
かねがね汚い汚いとはおもっていたのだが
これほどとは・・・・・
これで皆様に自筆のカードを渡そうというのだから
むしろあっぱれと言いたいくらい、汚い。
読めなかった方もたくさんいらっしゃるだろう。
でもそれを見せられてどう読むか聞かれたとしても
自分でも読めるかどうか(自信なし(きっぱり
そして、100という数字を侮っていた。8月の土日を全部使った。
さらに、こういうのを書く時、ほんとは、とても怖い。
私はイイ意味で書いているつもりでも
受け取る方によっては、傷つくこともあるだろう。
ぴんとこないことやがっかりなことが書いてあれば
もらわないほうがむしろ、よかった
ということもあるだろう。
欲しくない人もいるはずである(多分受け取らなかった方もいるんじゃないかと思う)。
だが、わかったことがある。
それは
それにもかかわらず、私はホロスコープを読むのがやっぱりこんなに楽しいんだということだ。
確かになかなか終わらなかったし、たいへんだった。
でも「うんざり、もうホロスコープなんか見たくない」「メッセージなんか書きたくない」とは
全く思わなかった。
これは自分でも、字の汚さへの驚きの5倍くらい、驚いた。
さすがに食傷気味になるだろうなと思っていたのだ。
でも、ならなかった。


星占いオタク、おそるべし(自分


ただ、このカードとホロスコープのことだが
人より何倍も注意深さの足りない石井ゆかりのやることなので
多分、チャート自体が間違ってることがあるだろうとおもう。
現にお一人様、出生年を間違っていたし
もうお一方は、日にちにミスがあった。
これは幸い、書き直せたのだが
お気づきでない方もいらっしゃると思う。
こちらのサイトに「天体位置計算」というメニューがあるので
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/my-art/
そちらで是非、ご自身でチェックして頂いて
もし間違っていたら、朝日カルチャーセンターさんでも私に直接でも構いませんので
ご連絡下さい。
やりなおして、お送り致します。


帰り、このカードをお渡しするということで
期せずして一列に並んでいただくかたちになってしまった。
お時間のない方もたくさんいらしたろうに、お待ち頂いてしまい、申し訳ないことをしてしまった。
ご不快な方もいらしただろうと思う。すみませんでした。
だけど、たくさんの方に握手して頂いたり、
サインを求められたり、
なにより、「楽しかったです」と激励の言葉をいただいたりして
ほんとにうれしかった。
あんしんして、ほっとして、ずっとドキドキしていた。



帰りの新幹線では
ああすればよかったこうすればよかったと反省の嵐で
缶ビール飲みながらもほとんど寝付かれなかった(いや、少しは寝たけど)。
いつもなら
乗って10分もすれば爆睡で気がつけば品川
なのだが
昨日は頭の中がぐるぐるで、目がランランとさえていた(怖)

      • -


冷静に考えれば
私みたいなのが偉そうに皆さんの前で星占いを語るなど
なんだか力不足も甚だしいというかおこがましいというか、の嵐なのだったが
お話を頂いたので、うれしくて引き受けてしまったのだ。


このお話を頂いたのは昨年末で
お引き受けしてから以降、
四ッ谷-池袋と続く「練習イベント」を8回、敢行した。
「練習です」
と申し上げると、当然
「時間を割いてカンパまでするのだから練習とか言うな」
というおしかりをうけることもあったのだが
正直なところなので仕方がない。
ただ、練習だという気分で手を抜いた、ということは一度もなかった、これは自負がある。
(めいっぱいであの程度かと言われると・・・orz)


で。
緊張したり準備不足経験不足、とにかく「やってみなければわからないこと」を
皆様のお力を借りてやまほど教えて頂いた。
お陰様で!
昨日は、おそらくかつて四ッ谷-池袋を体験して頂いた方から見れば
相当完成度が高かったと思う。
今までやろうとしてなかなかうまくいかなかったことが
なんとか「まとまった」という手応えを感じた。
もう何度でも感謝申し上げたい。
四ッ谷-池袋にご参加下さった皆様、

本当にありがとうございました!!!!!!

おかげさまで、何とか形になりました(自分なりですが)。


10月にも2回、レクチャーがある。
そのときはもっとおもしろくできるように、がんばろう。
機会をくださった朝日カルチャーセンター様にも心から感謝している。
「また来ます」と帰りにおっしゃって下さった皆様、ありがとうございます。
もう少しデキるようになって再開したいと思います。
ガッカリされないよう、がんばります!
また、これから初めてお目にかかれます皆様、
お楽しみいただけるよう、めいっぱい準備して参りますので
どうぞお楽しみに!

      • -


2時間で3200円、その分の価値のある話を、ほんとにできたのだろうか、と考えると
全く心許ない。
3200円あれば、名著が買える。
映画を2本見られる。
一杯飲める。
少し遠くまで電車に乗れる。
私はどんな楽しさやおもしろさを生み出せるんだろう。
時間は貴重だ。
100人分の、かけがえのない2時間。
往復まで含めると、もっとかかる。
ずいぶん遠くからいらしてくださった方もあった。
私はそれに対して、どのくらいのことができたのだろう。


無理、そんなことできない、とやめてしまうのでなければ
ただ最善を尽くすしかない。
やるのであれば、もっとしっかりやらなきゃいけない。
こういうのは「これがただしい、正解」という「形」がないので、たいへんむずかしい。
けど、自分なりに、こういうのがイイというイメージをもって
それに向かって「どうすればそうなるか」を考えていくしかない。


帰りがけ、たくさんの方に励ましの声をかけて頂きました。
そして、帰ってから日記へのたくさんのコメント、
http://d.hatena.ne.jp/iyukari/comment?date=20070830#c
そしてメールを読みました。
ほんとにほんとにありがとうございます。
メール、全てにはお返事が出来ないかもしれません、ごめんなさい。。
でも全部読んでおります。ほんとにうれしいです。ありがとうございます。
正直、
「どどどどどうだったんだろう、楽しんで頂けたのだろうか」
「あれでよかったんだろうか、ダメだったんだろうか」
と、心配で不安でたまらなかったのです(チキンハート
ナーバスでした。
ですから、あたたかいメッセージやコメントをたくさん頂いて
心底ホッといたしました、ありがとうございます。
とはいえ
多分、面白くなかったりご不快に感じられたりした方も
たくさんいらっしゃったのではないかとも、思います。
クレームやお気づきの点があればなんなりと
直接私にでも、朝日カルチャーセンター様にでも、おっしゃって頂ければと思います。
今後の糧とさせて頂きます。


皆様からのメッセージに「ありがとうございます」と書いて頂いて
なんだかとっても不思議な感じです。
ありがとうございます、は私のセリフです。
みなさまにいらしていただいて、ホントにうれしかったです。
ほんとに拙い喋りだったと思います、申し訳ありませんでした。
でも、実は、私は
お話しさせて頂くのがとても楽しみだったし
やらせて頂いて、とても楽しかったのです。
多分、あらゆる仕事は
とても怖いけどとても楽しいのではないかとおもいます。
とても楽しいから、とても怖いのを乗り越えられるのではないかと思います。
ミスするかもしれない怖さを乗り越えて、ゴールしたり。
ソンするかもしれない怖さを乗り越えて、投資したり。
在庫になるかもしれない怖さを乗り越えて、仕入れたり。
売れないかもしれない怖さを乗り越えて、企画したり。
はずれるかもしれないし
楽しんで頂けないかもしれないし、失敗するかもしれないし
傲慢さでどなたかを無意識に傷つけてしまうかもしれないし
そういう怖さを乗り越えて
私は「お話しする」という楽しさをとったんだと思います。
それはある意味、ワガママで、リスキーなことです。
でも、皆様のお陰様で、
幸運にも、とても楽しい思いをさせて頂きました。
本当にありがとうございました。


またお目にかかれる日を楽しみにしております。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます!


      • -


参加者様の日記。
http://d.hatena.ne.jp/honey2_and_clover/20070901
TBがうまくいかなかったとメールを頂いた。
ありがとうございます!!!(><)