石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

2007/8/20-26のホロスコープ。


こんにちは、石井ゆかりです。
今日は何日かぶりにエアコンから解放されました。
涼しいです。
でもセミは元気です(TT


。。いや、元気ならいいんだ元気なら



で。
今週の空模様ですね。


今週は、水星と太陽が乙女座に入ります。
星占い用語で、
「今まさに動いてる星」のことを「トランシット」といいますが
これはもともとは、「イングレス」、すなわち
「星がある星座に入ること」
を意味する言葉だったんだそうです。
そのくらい、
「星の星座移動」は大事だ
と考えられていたってことですね。
自分でも、星が星座を移動すると
おお、なんかスッキリ
って思うことが多いです。
・・・・気のせいかも知れませんが(爆


気分が変わる
風が変わる
雰囲気が変わる・・
なんでもいいのですが、なんかこう、
雲の切れ間が見えるみたいな、抜けた感があるんじゃないかと思います。
特に、水星は乙女座では、元気が出る星です。
知性がクールダウンしてシャープになってくるイメージがあります。



とはいえ。
今週、火星と木星が180度という形を作るのですが
そこへ水星が割って入って「T」みたいな形ができあがります。
これを「Tスクエア」などと呼び習わします。
ぱーんと物事が動くような、ダイナミックな角度です。
「ソフトアスペクト」「ハードアスペクト」というふうに
「角度」は2種類に分類されています。
ソフトは幸運 ハードは不運
と単純化して考えている方も多いようですが
私はどうも、それはなんか違和感あるぞと思っています。
私は、
「ソフトは安定」「ハードはブレイクスルー」
というふうに捉えることが多いです。
今週は、まずデータのバックアップはとった方がイイですし
口論の時は言い過ぎたり追いつめすぎたりすることに注意が必要だとは思います。
ですが、
基本的には
「動かす・動く」
タイミングだと思います。
慎重に縮こまっているにはもったいない「パワー」を感じる配置です。


双子座火星も射手座木星も、どちらも
「移動」「動き」「外への出口」
を感じさせる星々です。
動きがあって、その動きが「活発で大きい」感じがします。
水星もまた「動く」星です。
コミュニケーション、移動、ビジネス。
やりとりをする。
ここではないどこかにいく。
そういうイメージが濃厚なラインナップなのです。


今まで獅子座に星が集まっていましたが
獅子座は「固着宮」です。
どちらかというと変化を嫌う星座です。
これが、今週から10この星のウチ6個までが(月は日々移動するのでべつとしても)
「柔軟宮」に滞在することになります。
秋は季節の変わり目ですが、
まさに季節の変わり目のように「変化に富む」時期となるのです。
一つの季節の完熟を見つつ
新しい季節の気配を感じはじめます。
気温や日照時間の変化を感じ取った動植物は
だんだんにその行動を変化させます。
色を変えたり、形を変えたり、餌をため込んだり、
「流れを感じ取って、それに乗るべく行動を決めていく」わけです。
すなわち「反応」です。


今週以降、気配をじっと見つめて、
敏感にそれに反応していくことが大事になります。
人の気持ちでも、仕事の動きでも同じだと思いますが
内容を冷静に吟味し、気配を受け止め、認識のズレがあれば修正し、状況の変化を鑑みながら
次の段階へと進んでいくわけです。
常に
今まで通り
いつも通り
パターン通り
では、いつか、うまくいかないタイミングに突き当たります。
夏と同じ様式で秋を生きることはできません。
秋には秋の特徴があります。
それに乗っていくことで、全体がうまく動いていきます。
小さな誤解が降り積もって大きな矛盾になることもありますし、
小さな無理がつもりつもって大きな病気を引き起こすこともあります。
そうした「積み上げてしまったもの」を
爆発の形ではなくちゃんと整理し、
噛み合わせるために
「パターンを変える」「いつも通りを変える」
っていうことなのかなとおもいます。


株価が急落したり円が急騰したり
なんだか金星逆行らしさを感じる金融の混乱が続いていますねえ。
このところ地震が続いていて落ち着きませんし(これ書いてる最中も揺れた!)
ぐらぐらしています。
地の星座に星が2つはいる今週、
少しは「地に足がつく」といいのですが・・・
まあ
慌てなくても来年はどっぷり「地の世界」なんですけどね!(山羊座木星・乙女座土星



今週はそんな感じです。

    • -


もうすぐ、大阪朝日カルチャーセンターさんと銀座産経学園さんでの
レクチャーの応募受付が始まります!
詳細は左側の「お知らせ」カテゴリをクリックしてみてねv