石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

2007/7/2-8のホロスコープ。


こんにちは、石井ゆかりです。
雨が降るのはいいんですが
何か気温が高すぎます・・・
ぺとぺとぺとぺといたします。


こわいもの と きもちわるいもの
が結びつくと
不気味なもの
になる
んだな・・と今思いつきました。


モランとか、ぬりかべとかいったんもめんとかね。


・・・
いや
ぬりかべといったんもめんは
こんにゃくとは関係ないから(びし





今週の空模様ですね。


今週はまず、金星と土星が獅子座で重なります。
この件は先週も触れましたが
今週も、主に前半、できあがっています。
金星は愛、土星は時間。
今週は12星座とも、
いいものには時間がかかる、とか
いいものは軽々しくない、とか
そういう言い方が多くなっています。
単に土星と金星のアクセスという「だけ」でも
そんなことは言えるのですが、
今回のアクセスは、特にこの「時間と手間暇」が重要なんです。
なぜなら、この金星と土星のかさなり、
普通なら1年に1度くらいしか起こらないのですが
今年は3回起こるからなのです。



秋に土星は乙女座に移動します。
星座から星座への星の移動は、ソフトランディングというより「ジャンプ」です。
決死の覚悟で飛び移るみたいな勢いを
私は感じます。
2年半に1度起こる土星の移動は、
生活者にとっての星占いをする上では、大きなイベントと言えます。
その移動のタイミングで、
何故か金星がこの土星の近くを
うろうろうろうろ
するのです。
移動する、一生懸命な土星のそばで
ちょこちょこちょこちょこしているのです。
ブラックジャックピノコみたいな感じです。


これがどんなことを意味するのか、は
人によって千差万別だと思います。
でも、このくらいは言えるかな、とおもうのは
大事なものがその価値をかいま見せながら育とうとする
ということじゃないでしょうか。
多くの学生が「なんでこんなことおぼえなきゃいけないんだよ!」と思いながら
勉強に励みます。
それは、覚えた方がいいのです。
覚える価値があるから覚えるのですが、
若いときはそんなことは理解もできません。
多分、今回の土星の移動がいったいどんな「ベネフィット」を持っているのか
あるいは、これから始まる「土星のテーマ」にどんな楽しさやおもしろみがあるのか、
それが、今回ははじめから
けっこうわかるのじゃないかな、とおもったりする、わけです。


あるいは。
金星はやはり、愛の星です。
愛が一番有り難くて身にしみるのは、
弱ってるときや悲しんでるときです。
元気なときは、自分を愛してくれている人のことなんかすっかり忘れています。
でも、ひとたび弱ったとき、
自分への愛を感じると、
ほんとに愛っていいなあっていうか
役に立ってる感じがします。
表面的に、マネキンのように秩序だって美しいもの同士の間では
愛なんか生まれません。
苦しさや厳しさを共有して初めて
「その人じゃなきゃダメ」
になります。
この夏から秋にかけては、おそらく「その人じゃなきゃダメなんだ」ということの理由が
ハッキリ生まれることになるんじゃないかと思います。
今週は、その「第一段階」です。
あと2段階目と3段階目は、もっとさきにやってきます。
これは、
おなじ事が何度も起こる
ということではなく、
ひとつのテーマが段階的にすすむということです。
各段階でおこる出来事は全く違っているはずです。



で。
他方、
火星と水星の60度
というのができあがります。
水星はまだ逆行中ですから、
なんだかお互いに歩み寄ってるみたいな、
お見合いみたいな格好です。
火星はスピードや情熱、意欲、攻撃力などを扱いますが
今は牡牛座にありますから「口・声・食べること」などが関わってきます。
水星は蟹座です。
蟹座は、テリトリー、慣れたもの、それから、感情です。
水星はコミュニケーション、ビジネス、交通を扱います。
なんとなく、
「気持ちを声で伝える」「気持ちを食べもので伝える」
みたいな気配があります(爆
メールより電話かな
と短絡的に、思ってしまいます。
火星はヒートアップしますから、
やりとりの量は増えると思います。
でも水星は逆行しているので
何かもたついています。
勢いよく行きたいが、いけない
みたいなもどかしさがあるかもしれません。
ですが、8月上旬にこの2星は
再度、おなじ角度でヒットします。
なので、ここで一気に決着がつかなくても慌てなくてOKです。
まずスタートだけできれば、上出来
と思っておくと良さそうです。


今週はそんな感じです。