石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

2007/6/18-24のホロスコープ。


こんにちは、石井ゆかりです。
スカッと晴れて、なかなか梅雨入り致しません。
水が・・・心配です(しつこい


で。
今週の空模様ですね。
今週は、でかいです。いろんなかたちがでかい。
まず、火星と冥王星の120度、
それから海王星土星の180度、
それから金星と木星の120度。
太陽と冥王星も180度。
ホロスコープの上にざんざん形を書いていくわけですが
もようがでかいなー
という感じがします。
こういうときはやっぱり
できごともでかそうだ
と思う、わけです。


冥王星、太陽、火星のラインは、
星座の最後の方の度数で起こります。
なので
「まとめ」
という感じがします。
今までの展開の総括として、「ぽん!」となにかが起こる。
冥王星とか火星とかなので
出来事のインパクトは強そうです。
なにかが「出てくる」感じがします。
蓋が開いて、本体が出てくる。
今まで隠れていたものを引っ張り出す感じです。
それが勢いよく飛び出します。
意外性はあると思うんですが、
「やっぱりそうきたか」みたいな暗黙の納得も含まれた驚き
というイメージです。
鏡割りとか、スイカ割りとか、貯金箱を割るとか
ポジティブに「壊す」
というイベント、けっこうありますね。
今週はそういう感じもあります。
壊すんですが、別に悪いことが起こるとか、大事なモノが壊れるとかじゃなく、
お祭りとか、貯めたものを出すとか、食べるとか、そういう目的のために、
前向きにあかるく壊す
という雰囲気が感じられる、わけなのです。


で。
土星海王星
木星と金星
この辺のラインは、ぼやーっとしています。
時間もかかるし、あまり衝撃的ではない、
ふわんとした感じです。
金星と木星の角度は、相当楽観的です。
獅子座と射手座という、もともと楽観的な星座のあいだに
金星と木星という、楽観の権化みたいな星が120度、これも楽観的な角度でつながるので、
いやもう、じゃんじゃんいっちゃおう!時間無制限食べ放題!
みたいな、
思い切った突き抜けた明るさがあるわけです。
一方、土星海王星
これはなかなか読み方が難しいんです。
海王星は、ぼわーんとした理想や夢、ガス、アルコールなど
「目に見えない作用」「イメージ、ビジョン」「手で触れないもの」
などをあつかう星です。
一方の土星は、時間をかけて確かに築き上げるもの、実体、権威などを扱います。
石とか不動産とか、そういうのが土星の管轄です。
理想をマジメに追求する
というつながり方だといいなと思いますが
どうせだめだからやらない
というシニカルな方向にいってしまうと、
なんかやだなあとおもいます。
この組み合わせにはどこか、悲観的な感じがあります。
先行きが悲観される、という意味ではなくて
人々が悲観的な予測をしやすくなる、という感じがするのです。
あるいは、見通しが甘くなる、という感じもします。
いずれにせよ、予測はどちらかに過剰になります。
楽観も悲観も、針が大きく振り切れやすい感じ、なのです。
被害妄想、誇大妄想、
そういうのには注意が必要かもしれません。


水星は依然、逆行を続けています。
大きな模様ができるので「ハッキリした出来事」の気配が強いのですが、
この水星逆行があるため、
出来事がこんがらがりやすいかなあ、という気もします。
本来1手間ですむところが
2手間も3手間もかかっちゃう、かもな、とおもいます。
でも「それならやめとく」というハナシでもないわけです。
水星の逆行のときは
学ぶべき事がたくさん出てきます。
物事の強度が試されるような所もあるかも、と思います。
負荷をかけないと、モノの強度はわからないわけですが
水星逆行時、普段は知りようがない耐震構造が見えてくるような
そんな感じもするのです。


今週はそんな感じです。