石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

バレンタインだからね。

こんにちは、ゆかり・ディゾンです。ゴス。



こないだ
居酒屋で
カウンター越しに
「お水下さい」
と言ったら


もずく



出てきた。


そんなに滑舌悪かったですか(そうですかorz



「ず」
しか合ってないじゃん(それに位置も違う)


しかし


omizu
mozuku


とローマ字にしてみると


m、o、z、u


と4つまでが一致する。



・・時間軸にとらわれない、自由なヤツだったんだろうな(どこに来るかは確率論。量子力学的)



    • -

現在
突貫工事で仕事中で
メールなどお返事が滞りがちですみません。


ちょっと手の込んだもの書いてます。
占い専門家を目指す方にも
ちょっとライトに今日のラッキーアイテムが知りたい方にも
全く役に立たないシロモノです(爆


「他人の評判を気にしていると、そこそこのことはできますが、
 ほんとうにオリジナルなことはできません」


社会心理学者、山岸俊男氏の言葉(らしい)。


「他人の評判」を「本の売れ行き」に変えると・・・・
そういうことを言うヤツには仕事がこなくなりそうかもしれないので自粛(汗



「寄り道では通常、『本質』が手招きしている。 」


一昨日、メールで教えて頂いた言葉。


本来行かなきゃイケナイ道があるにもかかわらず
それでもあえて寄り道しなきゃいけないそのモノスゴイ理由

たとえ意識化されなくとも
やっぱり、ある。
本来行かなきゃいけないように見える道。
それに逆らわせる、身体の中から湧いてくるドライブフォース。


フォーーーーーース。



相変わらず
意味不明(というか、いいわけ)



ふふふ
俺の生き様みとけよ
乞うご期待v





ゴスに合わないナカミですみません。


      • -


そうだ、今年もなんかバレンタインのさずけちゃおうかな(大きなお世話)


「愛するということは、何の保証もないのに行動を起こすことであり、
 こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に、
 全面的に自分をゆだねることである。」
   --- エーリッヒ・フロム


すげー、バレンタインにぴったりだよフロム(感涙



傷つく危険、失う危険は、誰かを大切に思うとき、つねに近くにある。
私もしょっちゅうそういう痛みを体験してきたからその痛さはよくわかる(涙)


でも、それは
「道を歩けば交通事故に遭うかもしれない」
ということと似ている。
「交通事故に遭わないために外に出ない」
という生き方も、もちろん、あるだろう。それはそれでいい。


でも、こういう言葉もある。


「何もやらない人ほど、いいわけが多い。」 


  ---「智慧の実の言葉(ほぼ日刊イトイ新聞語録)」より



私が思うに
そういうひとは
文句も多い(ような気がする)。



かけひきもあるだろう
プライドもあれば、対面もある。
飽きることもあるし、切ない場面もある。
人口の半分は異性で、とったりとられたり、
すれ違ったり、時間がなかったり、誤解されたり、自分の気持ちがわからなくなったり。
相手のことを考えて身をひく人もいるだろう。
いろんな状況があって、いろんな空間と時間がある。


でも
そんななかでも
相手が少しでも、くすっと笑ってくれたらな、って思えたら
きっとそれだけでいいのだ。
今日は
そういう日なんだ。


それでは、愛のソルジャー達よ
健闘を祈るv
(祈ってレイアウトはしばらくこのままにしておく(喝))