石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

2007/1/22-28のホロスコープ。

こんにちは、石井ゆかりです。
土曜日か日曜日に書こうと思ったのですが
前言撤回、今書いてしまいます。


今週はまず、獅子座の満月ですね。
2月2日の昼下がりに起こります。
どうでもいいのですが
「昼下がり」ってどのくらいの時刻を指すのか・・
と思い、辞書を引いてみると
「正午を少し過ぎたくらい」
だそうです。
だとすると「昼下がり」ではちょっとまずいのか・・
2時過ぎたら午後もたけなわだもんなあ。
というわけで言い直しますと
2月2日の午後に起こります。

この満月は、
射手座の木星とほぼ120度
魚座天王星とほぼ150度
という位置で起こります。
なんだか
「意外な変化で事態が好転」
という雰囲気を感じます。
天王星は突発的な変化を扱います。
射手座や獅子座は火の星座で、直観や勢い、戦意、情熱、生命力なんかが管轄です。
勇敢な騎士が意外なワザを使う
みたいなイメージがあります(どんなだ
太陽が位置する水瓶座も、月が位置する獅子座も
「我」が中心になる星座ですが、
一方の木星が位置する射手座はとても柔軟で、外に向かって開いています。
ですから、この配置からは
「我」と「外界」をのびのびと積極的に関わらせること、
既成概念にとらわれないで、必要な変化を引き起こすこと
部署の垣根を取り払ってプロジェクトをすすめること
などというイメージが湧いてくるのです。


水瓶座も獅子座も射手座も
人のせいにしない星座です。
あくまで「自分が選び取ったのだ」ということに誇りと責任を持っています。
このハッキリしたオトコマエなラインに、
魚座天王星というちょっと何が起こるかワカランな星が関わっています。
魚座は自分と他人の境界が曖昧な星座です。
このカタチを見るに
あくまで自分の好みとか意志とかで自分勝手にやったことが
周囲に対して不思議な影響力を持って広がったり
他者を巻き込んだ意外な展開を引き起こす
などというふうにも、読めるかもしれません。
獅子座-水瓶座ラインの
「自分」「我」
がハッキリしていると、環境や周囲の人が意外な動きをしても
それほどブレないでいられるのだろうな
とおもったり、するわけです。


で。
今週はあと、金星と水星の魚座入りがあります。
週の初めに金星が入り、
水星は週末に入ります。
この2つが移動すると、魚座に3星、となります。
現在、木星は射手座にあるわけですが
魚座と射手座は、両方とも
「境界線を越える」「遠い場所」に関係のある星座です。
遠くへの憧れ、旅すること、異文化との接触などが思い当たります。
寛容さと受け止める心、
人の悲しみや弱さを包み込みいたわること、
共感すること、などが魚座のテーマです。
こういう力が今週以降、強まっていくだろうなと思います。


土星海王星の180度、
射手座木星魚座天王星の90度・・・・
この90度は少し以前からできてるわけですが
この2つのライン、不二家の話によく重なってるなあと思ったりします。



今週はそんな感じです。