石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

こんにちは、石井ゆかりです。


最近は
きれいな舞妓さんの写真を見てももうみんな
小梅太夫にしか見えません。



で。
今週の空模様ですね。


先週、木星・太陽が射手座に移ったのですが
今週は、まだ蠍座居残り組の水星と火星がアクティブです。
風が変わった感じはすると思うのですが、
たぶん、先月までの流れの中で
まだ根を下ろしていないこと
決済が済んでいないこと
一応完了してるんだけど告知が済んでいないこと
などが起こってくるような感じがします。
これからの新しいことを前にして、
きちんと話をつけなきゃいけないことに話がつく
というイメージなのです。


具体的には、
蠍座の水星が水瓶座海王星と90度、
蠍座火星が獅子座土星と90度
という、ちょっとハードな角度を形成します。
「この際だからいっときますが」
的な勢いが感じられます。
海王星は「幻想、イマジネーション、夢、理想」
土星は「コントロール、時間をかけてやること、しっかりやること」
などを扱います。
これらのことが、
水星(言葉、伝達)や火星(攻撃、行動、意欲)に結びつくとき
そうとう大きめの出来事が起こりそうだなと思うわけです。
なぜ「大きめの出来事」かというと、
やはりこの場所が蠍座だからです。
過去1年間、取り組み続けたテーマについてガツンと起こることは
積み重ねた分だけの衝撃があるでしょうし
蠍座にいる火星は
とても元気な状態にあります。
ですから、
今週起こる出来事は、とてもハッキリした、
今までの出来事のアウトラインをぐりぐりと油性ペンでなぞるような、
そんな出来事じゃないかなーとおもうわけなのです。


とはいえ。
水星と海王星の90度は
特に要注意の面があります。
海王星は、イメージや理想、想像、夢などを扱う、と上記しました。
水星は言葉やコミュニケーション、思考、交通などを扱います。
この2つが勢いよくぶつかるとき、
最初に思い浮かぶのは「過信」という言葉です。
過信で、交通事故。これはちょっと怖いです。
今週は交通事故とか、情報系のトラブルとかには
とても注意が必要な気がします。
特に
飲んだら乗るな
飲んだらノルな(悪ノリ)
飲んだら書くな(メール)
っていうかむしろ、飲むな!
という感じ・・・・・かもしれません。


水星と海王星の90度がもたらす「イイコト」は、
イマジネーションやインスピレーションです。
あと、「不思議な出会い」というのもイメージできそうです。
伝えがたいことが伝わったり、
信じがたいことを信じることができたり。
あるいは、今まで保たれていた不安な幻想が、理性や論理によってひもとかれ、
冷静になることができるかもしれません。
そういうふうに「使おう」とするなら
何かをブレイクスルーさせられるときです。
あと、こういうときは嘘をつきたくなりやすいのですが
90度でつく嘘は、ばれやすいとも言われます。
くれぐれもご注意を。
言葉よりも、それを超えた気持ちが伝わる感じがしますが
ありもしないものを受け取ってしまうこともあります。
ウワサに心をとらわれてしまったり、
大きな誤解をしてしまったり。
そんなワナにはまらないよう、十分ご注意下さい。


自分が一番不安に思っていたことが
「どうも起こったらしい」
と思えるときほど、要注意です。
それは、誤解の可能性が大です。
もし、そう思えるようなウワサを耳にしたり、事実っぽいモノを目にしたりしても、
週明けまで待ってから確認して
それから判断を下した方が良さそうです。


火星と土星の90度は
なにか硬直した状況をぶちこわすのにはとても効果があります。
悪を断罪したり、物事の筋目を気合いでただしたりする、
そんなことが可能になります。
でも、時にその力がゆきすぎて
誰かを必要以上に罰してしまったり
ばっさりと切り捨てて後で後悔したり、ということも
なきにしもあらずです。
こういう力が使えるときは、しっかり使わなければ意味がないと思います。
でも、その力がとても「強力である」ということを、
解った上で使わないとこわいな、という気もするのです。


あと、
射手座金星と水瓶座海王星の60度
という形もできあがります。
この形はとてもうつくしい形です。
金星は愛、海王星は理想、信じる心。
自由な優しい愛情が伝わる、という形です。
水星、火星がらみのハードな形は週の前半に、
金星のこのやさしいかたちは週の後半に起こります。
ですから、
誤解も愛でただすことができる!

私は信じたいと思います(アジ)


週末、太陽と天王星の90度がつくられます。
これは、思いがけない出来事が起こりやすい形です。
そろそろ壊れそうだから買い換えなきゃなー
と思ってたものが壊れたり、
隠し事が発覚したり、と
脆くなっていたカベやバランスがぱちんと崩れて、
ストレートに考え直して新たに構築する
というイメージです。


90度が3つ。
90度を「悪い角度」と言う人も多いですが
「悪い」
ってどういうことなのかなあとおもいます。
90度は、硬直的なものや安定したものを「壊す」イメージがあります。
でも、
いつも不安な人や
ずっと霧の中にいた人や
矛盾にイライラし続けていた人や
気づいてもらえなくてガマンし続けていた人は
何かが「壊れる」ことを切望しているはずです。
自分の行く手を閉ざすものを、破壊したいと望んでいると思います。
ソフトな角度では、壊れません。
こういう、ハードな角度があるときほど、それを壊すことができます。
私は、こういう力は、ちゃんと使うべきだと思うのです。
ただ、壊すときは丁寧に壊さないと
破片で自分もケガをしたり、
勢いあまって誰かにそのこぶしが当たっちゃったりすることがあるので、
気をつけよう
とは、思います。
でも、「気をつける」っていうことは
危ないから外に出ないようにする
息を殺してそれが過ぎ去るのを待つ
ということでは、決して、ありません。
そのあたりを、取り違えるべきでない、とゆーのが
私の完全な個人的持論です(爆


恐怖心や防衛本能からくる強い態度、たくさんの言葉。
そういうものは、一種のワナだとおもうのです。
射手座に集まった星は皆
open
を促しています。
心を開いて、寛容であること。
違いを認めて、そのうえで、一致点を探ること。
天秤座の裁定と射手座の裁定は違います。
天秤座は理性で切り離して橋を架けますが
射手座は、そこに、「情熱」を持ち込みます。
情熱とは、愛情であり、意欲であり、命が根元的に欲求するなにごとかです。
それは、人と人とをへだてるほうに、ではなく
むしろ、閉ざされた扉や越えがたい壁を
開いたり壊したりするほうに働きます。
この射手座の新しい(12年ぶりリニューアル)力を、
意識して使えるんじゃないかな、とおもうわけなのです。



今週はそんな感じです。