石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!


こんにちは、石井ゆかりです。
このところ
高校の履修不足問題とか
ミス・グレートブリテンが審査員と付き合ってたことがバレるとか
疾患腎移植とか
なんか、
みえないところで積み重ねたことが出てくる、とゆー事件が多いですね。
蠍座に星が集まってるワケですが
蠍座
「隠されたもの」
「痛いところをつく」
「見抜く」
星座と言われます。
なんか
符合しますねえ。


で。
今週の空模様です。
今週もまだまだ、5つの星が蠍座にダンゴになってもつれあっていて
ホロスコープが書きにくくて仕方がありません(爆
石井ゆかり、いつもホロスコープは手書きで書いているのですが
ごちゃごちゃしてよく見えない(だめじゃん
水星は逆行している上
木星が過去1年ほどここにいたので
過去数週間から12月上旬くらいまでにかけて、
ひとつのテーマがこってりと進み続けているのではないかと思います。
たぶん、多くの方が
「あること」
「ひとつかふたつのこと」

頭の大半を集中させているような状態ではないかな

想像できるのです。


蠍座はそも、集中力の星座です。
ひとつのことをじっくりと、深く深く追求することができます。
相手の内面にある真実を突いたり
隠していることを見抜いたりする力を持っていると言われます。
まっすぐに一点を見つめて、壁を貫いて向こう側まで見てしまうような眼差し。
過去1年、そしてもうちょっと、の間取り組んでいることは
いくつもの意味で多くの人に
「集中力」
を要求しているのではないかと思います。


先月のメルマガでは天秤座をやりましたが
その次は蠍座になります。
天秤座は1対1の関係をつくる星座なのですが
蠍座は、この1対1の関係を継承して、
そのつながりを更に強力に、もっと特化した状態に変えていきます。
お互いが変わってしまうような出来事を生み出すのです。
ですから
今の時期、なにかに集中的に取り組んでいる多くの方には
たぶん
「誰か」が見えているのだろうと思います。
そんなにそのことに集中させるのは
「他者」であり、「他者の内面」でしかないからです。
人を本当の意味で動かすことができるのは
いつも、その人以外の人の存在です。


今週は、火星と天王星が120度を組みます。
さらに、太陽と海王星が90度、
そして水星と金星が重なり、海王星と90度となります。
海王星は、ビジョン、イメージ、理想、信頼、幻想の星。
天王星は突発的な変化の星です。
火星もわりと突発的です。
なにか予想外の、突然の、徹底した変化、というのが想像されます。
想像をふくらませた結果過剰反応してしまう
とか
突然の予想外の変化に、疑いを濃くしてしまう
とか
そういうふうにでるとやだなあとおもいます・・
私もすぐあれこれ想像して、がくーんとなってしまったりする方なので
つとめて心を落ち着けるよう
心がけたいと思います。
脊髄反射
をやめたいと思います。はい。
皆さんも是非
気をつけて下さいね。。。。TT) (←なにか思い出したらしい


とくに
蠍座も、魚座天王星がいる)も
水の星座
すなわち
「感情」がテーマになった星座です。
感情は揺れやすく、衝撃に対してわりとすぐに反応します。
じゃぶん
ざぶーん
と、鉄砲水を引き起こして河を決壊させないよう
注意が必要だと思います。


一方。
人の痛みや過去を包み込むような、やさしいやわらかい力を持っているのも
水の星座です。
今週、この力をポジティブに使うならば
人が過去に積み重ねてしまった痛みや疲れ、コンプレックス、誤解などを
ちゃんと洗い流してしまうことができるのかもしれません。
過去は過去ですが
過去とちゃんと話をつけないと
前に進みにくい場合も、あるのですね。
自分が傷ついた体験よりも
自分が誰かを傷つけた体験の方が
認めにくい場合もあります。
心の中で痛む場所や拒否する場所をさがしあてたら
手を伸ばしてゆっくりひもといてみると、いいと思います。


獅子座土星と射手座冥王星の120度も
長い時間の中で継承されていく力
をイメージさせる形です。
命は次から次へと受け継がれていきます。
受け取る方は古い方から奪い取っているのかも知れません。
たくさんのお祭りで、神様や自然に「感謝」と称してお供えを捧げますが
「感謝」っていうのは、「謝罪」であって
謝る、けどそれをポジティブに捉える
ってことなのだろうなと思いました。


しかし
水星逆行・・・・・・
郵政民営化反対組の復党問題
ちょっと笑ってしまっています
あと
ソフトバンクのポカも(汗


今週はそんな感じです。