石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

こんにちは、石井ゆかりです。
涼しくなってきましたねー。


http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2006/200610/1021/index-j.shtml
これを書いてるのは21日なわけですが
ちょうど今日と明日、オリオン座流星群だそうです。
晴れるといいのですが・・・・東京は曇っぽいなあ。残念。
明日の明け方は晴れの予報なので、早朝、夜明け前に起きてみようかなー♪


・・・・って
早朝じゃ
オリオン座、沈んじゃってるじゃん(←アホ



ピークは22日でも
30日くらいまでが「期間」だそうです。
今年はちょうど22日が新月なので、
その前後、月明かりのない星空が楽しめます。
流れ星に願いを、かあ・・・・
乙女OGでもちょっと・・・本気に・・・したり(爆


とりあえず手帳と新装版の本がちゃんと売れることを願おう(真剣



で。
今週の空模様ですね。
今週は、たいへんなさわぎです。
蠍座
太陽
金星
火星
が一気に移動します。
ここにはすでに木星と水星が待っていて
全部で5星が蠍座に集中することになります(どかーん


ちょうど1年まえ、2005年10月26日に
木星はこの蠍座に入りました。
たぶん、多くの方が
あの日から今までの間に
何らかの「ひとつのテーマ」と向き合ってこられたと思います。
それは、人によって勿論、違うわけですが
とにかく、いくつもの出来事を通して常に送られてくるメッセージみたいなものが
あっただろうと思います。
木星は1つの星座にだいたい1年滞在します。
なので、木星の移動に併せて
「1年間のテーマ」
みたいなものが、変わっていく、と考えることができます。


う・・・・・タイムアウト


続きはあとで書きます! 続編、乞うご期待v(こんなんでスマン

    • -



続きです。おそくなってごめんなさい。


えーと
なに話してたんだっけ・・・
そうか、
木星のテーマ、ですね。
そうそう。
昨年10月末からこのかた、
テーマにしてきたことがどなたも、あるのではないかと思います。
そこに、ダンゴになって星々が入っていき
「仕上げ」
モードになるのではないかという気がします。
今までやってきたことがごそっと、
総動員で動いていく感じ。
ごーっと、勢いよく、ここまでのテーマをそうまとめにまとめていく感じ。
やり残したことを全てやり尽くす勢いで、駆け抜ける感じ。
夏休みの初めから「夏休みの宿題」はあるわけです。
でも、一気にやるのは8月の後半、だったりします。
ずっと、少しずつやってきた人も、
全く手つかずの人も、
最後の週にはすこし、やることが残っているモノです。
宿題をやり遂げて提出したとき
ほっとした気持ちになりますね。
でもたしかに、そこでやった「勉強」は、自分の実力になって、身に付いています。
宿題をやらされる側はそのことをつい、忘れます。
何のために宿題があったのか、という、そのことです。
宿題は、学力や忍耐力、経験などを増やすために出されます。
宿題をやること自体が目的なのではなく
宿題の目的は、別にあるのですね。
今週以降起こることは、この1年間の宿題の総仕上げみたいなことだと思います。
それをやりきったとき、全てが終わってしまう、のではなく
宿題が出されたことの本当の目的が達成されるのだと思います。


宿題の例になぞらえるなら
今週末から、水星が逆行を始めます。
物事の進みが遅くなったり、噛み合わないことが出てきたり、など
もどかしい時期とされています、
コミュニケーショントラブルの起こりやすいときですし、
待ち時間が長くなりますし、
誤解やすれちがい、カンチガイに注意が必要です。
蠍座の水星逆行ですので、思いこみには特に気をつけた方がいいなと思います。
ウソはばれやすいと思います。
大切なこと、伝えたいことは、言葉を尽くして、できるだけ濃く、密に伝えることをオススメします。
メールや手紙など、「書く」行為は、水星逆行時にはたいへんふさわしいとされます。
口頭で伝えたことでも、改めてメールしておく、くらいのしつこさが
この時期は生きてくるかも知れません。


一方。
蠍座は「破壊と再生」を担う星座です。
ここで水星が逆行するので、
なにかが「再生」「再燃」するかも、という感じもします。
過去に会った人に再会したり、過去に行った場所に再訪したり、など
「もどってくる」
事も多いかも知れません。
ですが、蠍座は「再生」の星座ですから
「もとにもどす」というよりは
「新しい命を吹き込む」、と考える方がふさわしいように思います。
なにかがよみがえっても、状況や自分が以前と同じなら、
また同じ結果にならないとも限りません。
なにかが再生したときは
以前と同じかどうか、ではなく、
以前となにが違っているか、に焦点を当てると、
望ましい方向に進むための情報量が増すと思います。


土星と水星と木星が、水星留(逆行寸前で留まってるように見える)の状態で90度。
水星は「メッセンジャー」です。
なにかが「育つ」感じがします。
ほんとに大事なことが、「育つ」。
でも、「育つ」ときって
バランスが悪いのです。
つまらなかったり苦しかったりします。
たとえば
逆上がりができないときは
失敗の逆上がり
できてない逆上がり
途中までトライしてでも落ちる逆上がり未満の逆上がり

延々、繰り返さなければなりません。
それを延々延々繰り返しているうちに、いつか
「できた!」
という瞬間がやってきます。
この土星・水星・木星の形から連想される「成長」は、
そんな「できないをつみあげて、つみあげきったときにできること」です。
だから、最中は苦しいし、マヌケだし
ときには「取り返しがつかないことをして終わってしまった」と思わされるような出来事も
あるかもしれません。
でもじつはそれはみんな「プロセス」であって、
「ダメ」
をやりきって乗り越えたときにいきなり
「OK」
になるような、そんな展開かなあと思います。


蠍座にいっぱい星が集まると
「隠されたモノを外に出す」
「隠す」
という、2つのベクトルが出てきそうな感じがします。
隠す、隠しているものを見せる。
でも、隠そうが隠すまいが
そこで起こっていることは同じコトです。
恐れても恐れなくても
起こることは起こるし、起こらないことは起こらない。
こわがる自分とケンカしてむき出しにしてしまった方が
もしかしたら、新しい世界が見えてくるのかもしれません。


今週はそんな感じです。