石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

こんにちは、石井ゆかりです。
数独のルールってどんなだっけ・・とニコリ(パズル雑誌)のサイトに行って
「お値段以上、ニコリ♪」
と口ずさむ自分。


そして


それ
ニトリだから。



冷静に自分をつっこむ自分。


自分の中に
何人も自分がいる。



・・・


さて
今週の空模様ですね。
今週はとっても「切り替え」です。
なにせ


食!
火星の天秤座入り!
金星の乙女座入り!
太陽-天王星の180度!!(で、木星と調停!)


どうです
かなりハデです。
書くことが多すぎてちょっとげんなりするぐらいです。ふ。



まず、食です。
これは一番下の180度と一緒くたに書きます。
8日、魚座月食になります。
魚座の14度、これは天王星ととても近い位置になります。
さらに、蠍座木星と120度。
満月とは、太陽と月が180度になるかたちですから。
4星がからむ「調停」のかたちとなります。
180度は緊張感の強い、ブレイクスルー名、チャレンジングな形なのですが
120度・60度は、柔らかな、サポートするような、スムースな形です。
この2つが組み合わさるので
とても「機動力が高い」というイメージがあります。
勢いをつけて、でも、柔軟に。


ただ、太陽と天王星の180度って
かなり突発的な、強い変化があるような形のようです。
以前、重大事件みたいなのが起こる配置をいろいろ調べていたのですが
やっぱりどうも引っかかる形だなと思いました。
過剰に怖がる必要はないですし、
むしろ、膿を出したり矛盾を俎上に載せたりするには有効な形だと思うのです。
でも、気をつけた方がいい形だとは思います。
魚座は感情の星座、乙女座は繊細な感性の星座。
この2つの星座に共通するワナは、「不安感」です。
揺れる不安感。
ポジティブにもネガティブにも両方にふるふるとゆれるので
これをどっちかにぐわんと振り切ってしまうと
どこまでも行ってしまうという危険性が高いのです。
さらには、この2つの星座は、両方とも「柔軟宮」、
つまり、受動的な星座です。
「なんかこないかなー」
っていう星座です。
なので、ちょっと待って何も来ないと、とても焦ったり絶望的になってしまったりすることもあるようです。
こういう、不安から来る強い感情に駆られると、
天王星-太陽の破壊スイッチが入ることもあるかも、と思います。
天王星というのは、ぬるま湯的な安定をぶっこわしたがるので、
これと不安感とが結びつくと
「過剰反応」
にたどり着いてしまうのではないかと、ちょっと怖い感じがします。
土星海王星の180度もある現在、
「無法地帯」
のニオイはプンプンしております。


無論、常識とか世間的なルールにこだわらない方がイイ場合もあります。
そういう局面では、今週の変化はポジティブに働くと思います。
でも、不安感や欠乏感から自暴自棄になったところに起こる
「無法行為」
は、今週はカナリ危険です。
特に、薬品や危険物の取り扱いには、十分な注意が必要ではないかと思います。
うっかり、が怖いなあとおもいます。


魚座や乙女座は、自分と他人の境目にいる星座です。
境目は、遠くから見るときれいな「線」だったり「壁」だったりしますが
ぐっと近寄ってじっと見つめると
実に複雑な幅や曖昧さを持っています。
超えようと思えば超えられたり、一部壊れていたりします。
アイマイだったり、武力で守られなければならなかったり、
下に穴がほられていたりします。
そんな境界線で、乙女座や魚座
びしびしとりしまる
かというと、そうではありません。
いちいち「こちらがわ」と「あちらがわ」の話を聞き、吟味し
その都度、結論を決めていく星座です。
あらかじめかたくななルールがあって、それを守ればイイだけなら話は簡単なのですが、
乙女座や魚座は、それをするにはあまりにも
人間性や可能性、物事が可変であることを尊重する星座だ、と言えるかもしれません。


丁寧であることや意欲的であることは
「境界線」の上では、必須です。
ここで無気力になったり不安に駆られたりすると
「こちらがわ」と「あちらがわ」の話を聞き、吟味し、その都度、結論を決めていく
というプロセスがおろそかになり、
結果、境界線が壊れ、ぐちゃぐちゃになってしまうからです。
今週はある種の緊張感や意欲が大切になると思います。
そういう意味では、前半、火星が乙女座にあるのは喜ばしいことですし
更に歓迎されるのは
後半に火星が天秤座にはいるということです。


天秤座に火星が入ると、
上記「境界線」のテーマは、もっとシャープに客観的になっていきます。
乙女座での出来事をふまえて、
新しいルールやラインが生まれるのです。
これは、乙女座-魚座ラインの「否定」ではなく、
あくまでこのラインを体験し尽くした上での「次の展開」に他なりません。
乙女座-魚座ラインの食、そのあとの火星天秤座入り。
しっかり内容を見据えた上で、さて、結論を出すための合議に入る。
とてもナチュラルな展開です。


今週の12星座ワケでは、乙女座にジグソーパズルのことを書いたのですが、
週の中はまさに「ぶっちゃけ」な感じかなあと思います。
ピースをざーっと撒いてる感じかなあと思うのです。
でも、そのあとにやっぱり
「切り分け」「整理」「分類」がきます。
それは、今週以降、もっとあとの話かな、とおもう、わけなのです。
今週はまず、ばーっとまく。
ブレーンストーミング
そんな空気を感じました。


で。
あと、金星の乙女座入りですね。
乙女座の金星は、とても繊細な星です。
繊細ですから、深くしっかりと愛情を注ぎます。
地の星座なので、すくすく育てる力を持っているわけです。
弱さや無邪気さ、まぬけさなんかも愛します。
獅子座がきらきらしたしっかりしたものを愛するのに比べ、
乙女座の愛情はもっとゆたかで多様性に満ち、懐が深い、というイメージです。
それがいききると、むしろマニアックだったり
だれにもわからない価値を愛でたりすることができちゃう面もあるようです。
今週以降はそういう「愛」がテーマになるかも、と思います。
だれからみてもわかるきれいさや美しさ、強さではなく、
そのひとにしかわからない魅力とか、価値とかがクローズアップされる感じ、ですね。


風が変わる
という空気が濃厚です。
週のアタマはその「前夜」みたいなタイミングなので
気持ちが落ち着かなかったり、落ち込んだり、体調を崩したりする人も
もしかしたら、多いかもしれません。
乙女座に星が集まっているときは
わりとフィジカルなところから攻めるのが、効果的のようです。
要するに、気持ちが落ち込んだら、
寝る
食べる
外に出て歩く、走る、身体を動かす
掃除をする、集中して作業をする
など、
物理的に「切り替え」をしてみると、意外とアタマが冷静になってくる、かも、と思います。



今週はそんな感じです。