石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

I’m back.

このところ、ほんとに意外なことがたくさんあって
なんかいつも呆然としてる感じ。
引っ越してきたばっかりの街にいるような感じ。
自分の場所なんだけど、下調べもしたんだけど、どこに何があるのかまだぜんぜんわからない。


とりあえず、少しずつお散歩。



上の写真は、

これの拡大。
ずっと欲しかったんだ。
わくわくしてかわいくて仕方がない(頬摺


子供の頃、恒星や星雲の写真が本当に好きだった。
こういう図鑑を飽かず眺めてた。
ほんとにこんな色や姿をしてるんだろうか。
人一倍臆病のくせに
こういうののなかにとびこんでいったらどんな景色なのかな、って想像していた。


なつかしくて、うれしくて、
もうすっかり酒の友v(だめじゃん


もとい、宝物。


宇宙のイメージの中にあたまをひたしてしまうと
今身の回りの孤独とか寂しさとかは、気にならなくなる。
宇宙に一人で飛び出していくのなんか孤独のきわみみたいなもんだが
たぶん、自分が幽霊になったら幽霊が怖くない(だろう)っていうのと
似てるのかもしれない。




ちなみに
無論この本の中では冥王星はしっかり「惑星の仲間」です(爆