石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

メロディ

iyukari2006-07-06

「ご趣味は」
と聞かれたとき
「悪くないと思います」
とひっくり返したりしてみて
幼稚な快感を覚えたりする。



何らかの、ごく一般的なテーマについて書くと
それについて反対か、賛成か
を問われることがある。
あるいは
文中からその答えをムリに探し出されてしまうことがある。
そんなの一切書いてなかったとしても、だ。




賛成か反対か
白か黒か。
その結論を文中から発見しようとする。
でもこういうことはだれもがやる。
彼は私のことが好きなのかキライなのか
それだけを会話の中から発見しようとすると
それに関わらない「枝葉」の部分は
単なる雑音にしか聞こえない。


自分がなにかの当事者として強い関心を持っていると
それに関わる情報に触れたくなる。
そのなかから
自分の心情に合うような
あるいは
自分の不安や疑問を解消するような
そんな「文脈」を探し出そうとする。
うまいことその心情や文脈にはまるニュースソースに出会えたときはいいのだが
そうでないとき
ガッカリあきらめるか
それっぽく見えるものを曲解してしんじるか
あるいは自分への反論と受け取って更に反論するか
という3タクが起こる。


自分が思っているようなこと
自分の疑問や不安をおさめるようなこと

するするっとアタマや心に入ってくる。
そして深く根を下ろす。
この作業を
人は多分信じられないほど最初の頃からやるんじゃないかと思う。


私は今いくつかのことを恐れていて
その恐れと戦っている状態なのだが
これはたぶん
「自分が思っているような自分」という幻想とさよならして
自分のありのままの姿を自分で認識しなければならない
という闘いなのかもしれない。
ありのままの姿
というのもなかなかこれが面倒なのだが
要するに
自分が抱いている幻想と、それに比した今の自分のスペックとのギャップ
差分
を認識するということだろう。


これは
想像するだに
おそろしい・・・・・(寒気


こういう情報はしばしば
現実のナリユキや他者からの評価、関係性の変化などによってもたらされる。
こういうのは
大変、痛い。
もちろん
他の多くの情報と同様
無視してしまうことも可能だ。
だから
ケンカしなきゃいけなくなる。


セルフイメージに固執してしまうのは
幼稚な感性なのだろうとおもう。
もちろん、自尊心や誇り、理性とかは大切だ。
でも
子供が持っているような全能感のサブセットを
こんな年まで漠然と
傷つかないように硬い缶におさめてもってるなんて
ばかばかしいことなんだ。


「真に重要なものは、一人一人の人間の機能ではなく、
 彼らの間における権限と責任の関係である。
 音楽にたとえるならば、組織とはメロディーである。
 重要なのは個々の音ではなく、音と音との関係である。」
  -- P.F.ドラッカー


ここでは「組織」が語られている。
でも
この「組織」という言葉は多分
場合によっては
いろいろな言葉に置き換えられるもののような気がする。
それは「コミュニティ」でも「人生」でも「運命」でも「自己」でも「愛」でも「才能」でも
およそ人間にとって大切なことならば
何でもいいような気がする。