石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

だれのものか。

もう
7月か・・・・TT)


あまりにも時間の経つのが早くて
意識が遠のく・・--)



この1週間ほど
完全に「マイルール」を破ってしまっていた。
http://d.hatena.ne.jp/iyukari/20060610


ベランダには出てたけど
マシンは・・・・・(涙


言い訳すればいろいろあるのだ
〆切とか〆切とか〆切とか〆切とか、あ、そうだ〆切とかもあった。



朝も早よから仕事してしまっていた、と(すみませんサンタマリア(ユースケではない


〆切も落ち着いて次の〆切への狭間にある今
今こそ立て直さなければあとがない。
というわけで


折しも水星逆行
誓いを「たてなおそう」
と思う。


・朝起きたらまずベランダに出る!
・8時半まで、パソコンは起動しない(勉強時間。)!


気合い付けのため
特にびっくりマークを追加してみた(爆


自分に勝つのが一番大変なわけだが
最善を尽くそう(あきらめたらそこで試合終了ですよ)

      • -


もとい。


昨日(既に日が変わった)はミサイルが7発も撃ち込まれて
なんだか人の心がざわざわざわざわしていたようだ。
水星逆行への切り替えがあったのだが
複雑な流れの方に移行したカンジで
不安定感が増す雰囲気だ。


ウラジオストックの港の近くに着弾したとのことだが
被害者はいないようで
ほんとによかった。


この話題で
「政権」ということばがでてきて
そうなんだよな、と思った。
政権を守るためには
なんだってする。
政権を守ることと国益を増したり守ったりすることとは違う。
たとえば
国が飢えていることと経済制裁が直結しているわけではない。
そのまんなかに
「政権存続」というのが入っている。


「国」というまとまりが個だと想定したときにもつ(であろう)動機と
「政権」や「個人」が持つ動機とはわけがちがう。
どういうまとまり、どういう主体が行為しているか、
その範囲をごっちゃにすると
動機がわからなくなり
意味不明になる。
北朝鮮は」「アメリカは」というのと
金正日は」「ブッシュは」というのとでは
動機が全然違う。
その「したいこと」が違っている。


主体の単位が変われば、動機の所在も変わる。
どうしてそうしたいか
が変わる。
自分のことに置き換えてみたってそうだろうとおもう。
会社の中の自分、国の中の自分、
家族の中の自分と、自分としての自分と。
自分で自分の動機をしばしば誤解する。
みんなそういう危険の中にいる。


私は高校時代から
論文とかを書いていくと
かならず個人の話にもってきちゃうのが悪い癖なのだが
やっぱり
個人の頭の中でも同じようなことが起こってるよなあと思う。
自らの規定をまちがうと
動機も混乱する。
動機が混乱すると
決断と行動もやっぱり、混乱する。


会社は誰のものか
って少し前、とても流行った。
もしかしたら今度は
国家は誰のものか
とか、少し流行るのかもしれない。


男性は飢えたり疲れたりすると子供を作りたくなると言うが
ミサイルなどもこう・・・・射精にたとえるとすると
北朝鮮、そうとうヤバイのかな
というカンジがしたり(しなかったり



自分の不安をおさめるためなのかどうか
ちょっと落としてみたりするのだった(自滅