石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

対抗意識

http://livetalk.yahoo.co.jp/performer/127/
大木こだまひびき CDデビュー


プロデュース小室哲哉
らしい。


完全に


きみまろトランス
http://www.kimimaro-trance.com/


への対抗意識としか
おもえない。



こだまひびきの
「それはない」「おまえはない」「往生しまっせ」
を大学時代から愛していた私にとって
チッチキチー

はなはだ納得いかないネタだ。
「大阪」が臭ってこない。
「往生しまっせ」

これを聞いただけで
あの大阪の道頓堀のどす黒い色とグリコのおじさんと食い倒れ人形が目の前に迫ってくる気がするが
チッチキチー
では
白○屋や魚○の宴会でネクタイをゆるめたオヤジの顔しか見えてこない。
そんなものは日本中どこにでもいる。毎晩いる。1店舗で1晩に5ローテーションくらいいる。
そんな光景は
ノンオイルのコロッケ
のような
1年使わなかったインクジェットプリンタに入ってるインクカートリッジ
のような
かさかさした味気ない空気に満ちている
と思うのは私だけだろうか(私だけだろうな。ふ。)


しかしまあなんだ
新しいことをすると常に
「前の方が良かった」
という手合いはいるものである。(←自分)
そんなヤツはほっといて
おのれの突き進むべき方向に突き進むのが
正しい道だと思う。
あの芸歴で新ネタをこれだけはやらすのは
なかなかできることじゃない。
さすがこだまひびき。
私が愛しただけのことはある(ファン心理


先日
私が「思い切ってこういうことをした」とメールを書き送ったら
それへの返信で
「しばらくは後ろを振り返るな」
と言ってくれた人がいた。
これは
得がたい助言だった。
なぜなら
そのとき既にちょっとあとずさり気味だったからである(爆
その人のおかげでそのとき
後悔を振り切った。
そして今
そうしておいて良かったと思っている。


然しはっきり言うがおそらく
私はこだまひびきは大好きだけど
どうしてもきみまろトランスを超えられるとは思わない。
私はこだまひびきを愛するが
きみまろトランスも愛している。
念のため断っておくが
私は「綾小路きみまろ」を愛しているのではない。
きみまろトランス
を愛しているのだ。
ここだけは
言明しておく。


以上。(どんな日記だ・・・)

−−−−

今週末、ずっとオフラインです。
関係者の皆様、なにかありましたら携帯のほうへおねがいしまーすv