石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

to be continued

三月になってしまった。。。



昨日。


はっ!
もしかして今年の2月は
28日までしかない・・・・
つまり
今日しかない!!!


と気づき
さらにメルマガのことを思い出した。


やばい・・・
今日は1分たりとも書く時間がない・・・・


あわてた私は
過去のお蔵入り文献を漁った。
なにか使えるものはないか、と。


しかしはっきり言って
お蔵入り
なのだからして
ろくなものがない
だろうなー

陰鬱な気持ちになったが
実際に見てみると
意外とけっこう
書けているものもあるではないか。
それにおもったより
量が多い。
すごく多い。
めっちゃおおい。
なんじゃこりゃー


何でこんなにたまったのだろうか。
要は
こういうことを書いてみよう!!!
と思い立ち
それを実行に移すのだが
結局さいごまでやりきれないで終わっているパターンが後を絶たない
ということだ。


これすなわち竜頭蛇尾


ぐすっ(涙


この歳になると
なにかにチャレンジすることもそうなのだが
「最後までやり抜く」「やり遂げる」「完成させる」
ことの難しさと大切さに、思いが至る。
はじめちゃうのは、けっこう簡単なのだ。
最初の心理的ハードル1本を飛び越えれば、「始める」ことは可能だからだ。
しかし
「成し遂げる」
ことについては
ものものものすごくたくさんのハードルを越えなければならない。
さらにいえば
「ケツがきまっている」
ことなら、まだイイ。
「終わりがない道」というのも、ある。
歩き続けなければならない道。
死ぬまで「完了」しないこと。
こういうのは
苦境にあるときはとくに
先に進むのが苦しい。


たとえば
単行本を書くのは「ケツが見える」仕事で
連載は「永遠に続くかに思われる(運が良ければ)」仕事
である。
前者は〆切前後は大変苦しいが
後者は・・・いや、これも〆切前後は大変苦しいな(爆)
とにかく、延々続くのである。
さらにいえば
週報なんかでは、
毎月満月と新月が来る。
さらにいえば
毎年、その星座で同じような時期に満月と新月が来る。
たしかに
昨年の記事を覚えてる人などあまりいないとはおもうのだが
ウチは一応バックナンバーをすべて公開しているし
「昨年の魚座新月の時の占い」を
見ようと思えば見られるのである。
もちろん、他の星の配置が違うから、若干の差はあるわけだが
魚座新月魚座新月だ。
厳然としてそうなのだ。
これを
どう考えるか。
昨年と同じことを書くのか
そうじゃないのを書くのか。
どっちが誠実なのか。


いずれにせよ
べつに、わざとではないのだ。


継続していく、くりかえしていくこと。
そして、日々変わる自分自身。
かつて書いた新月・満月についての自分の記事を読んで
今それらについてもっている私の認識とは
けっこう違っているのに気づく。
この差は
私がいろいろ勉強させて頂いた結果、ということもできる。
昔の私が無知だったのだ、と結論づけることもできる。
でも。
今の段階でも、それはスタティックな理論などではない。
たぶん来年の今頃、新月と満月について私が抱いている見解は
今のそれとは全然違っているだろう。


新月と満月」
これだけのテーマにしても
「考え尽くしてゴールにたどり着く」
ことは、今の私には想像しがたい。
新月って、星占い的には、なんなんですか」
という問いに
毎年、答えが変わる。


否。
たぶん、答えを変え続けていかねばならないのだ。
考えることをやめると
そこで、なにかが終わってしまうのだ。
新月と満月、それ一つとっても
いろんな方の話を聞き、本を読み、自分でずーっと考えていないと
なにかが終わってしまうのだ。
なにがおわってしまうのかは、
判然としないのだが
たぶん
私の「書くこと」が終わってしまうのだ。
「仕事」が終わってしまうのだ。


完成させること、やり遂げること

続けること
には、微妙な差がある。
前者は「終わらせる」ことを意味している。
後者は「終わらせない」ことを意味している。
でも、後者の中にも、幾多の「終わり」がある。
前者の中には「終わらせない」状態が内包されている。


すなわち。
「続ける」ということは、
上記のごとく
ある到達点を否定して次の到達点に向い続けるということだ。
一つの到達点にたどり着き、
そこをスタートラインとして、
つまり「到達した」という事象を完了させて、次へ向かう。
「続ける」ということは
やめないことではなく
やめ続けることだ
とも言えるかもしれない。
一方
「完成させる」ということは
ある形を見るまではやめない、ということだ。
やめたくなるような、やめさせられそうなことがあっても、
決してそこで足を止めない、ということだ。
完成させるということと
続けるということには
そのくらいの「微妙な差」しかない。


で。
メルマガでは3月より
12星座をもう一度見直そうキャンペーンをはることにした。
メルマガアーカイブで公開している12星座の解説は
あれは、数年前のものである。
今ここまで歩いてきて、12星座の中に見ているものは
たぶん、けっこう変わってきているだろうとおもう。
水星留、魚座新月(conj天王星)でこれをおもいついたというのは
まさに天の配剤



メルマガ記事が過去のものであり
ネタも過去に触れたことのあるネタであることの
言い訳をしてみたりするのだった。


そしてこれは同時に
今直面している〆切からの
現実逃避
だったりもするのだった・・・・・・・・(涙


ウソです
今やってます今


もう一つ言い訳をすると
はてなダイアリー
こんな人も書いてます
に載せてもらえるかもしれないって先ほどメールをいただいたので
興奮して
とにかく日記を更新しなきゃ更新しなきゃ
とおもってしまうのは
仕方がないと
思いませんか


自分の弱さ(?)が
憎い(涙