石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

部分と全体(バレンタインに寄せて・・・)

「私の知り合いの男性に
 ゆかりさんのファン多いんですよ」
というメッセージを
最近しばしばいただく。


はっきり言って
むっちゃうれしい(断言


なんだー、そうかそうなのか
モテるところではモテているのね
しかしなんで音はすれども姿は見えないのだろう・・
遠慮してるのだろうか。
みずくさいなあ・・・
いやもう
男ならどーんとかかってこい!
いくらでもうけとめてやるぜ!



息巻いたのだったが
はっきり言って
大カンチガイ大会
なのである。




その殿方たちはみな
「私」が好きなんじゃなくて
「私の占い」を愛好して下さっているのである。。。。


なんだよ
そうかよ(寂寥


いや、でも
まあそれはそれでたいへんありがたくはげみになることである。
男性も読んでいるのだ!
とおもうだけで
勇気凛々やる気100倍
といったらちょっとオオゲサだが
いえ、女性のためにも勇気凛々やる気マンマンで書いてます。大丈夫です。




しかし
こういう悩み(?)は実は普遍的なものである。
実にたくさんの女性が
「彼は私が便利だから付き合っているのよ」
「体目当てなのよ」
に始まり
実に様々な「部分売り」「機能売り」「ASP売り」の感覚を抱いている。


あんなに美人だったらさぞモテモテのちやほやの幸せいっぱい人生だろうな
とおもえる人に話を聞いたら
「男はみんな私のカオ目当てで寄ってくるだけで
 なにか誤解している。私を理解しない。全然イイコトなんかない
 カオで損したことはあっても、得したことなんかナイ」
と深刻に悩んでいた。


みんな、私が好きなんじゃないのよ、私の占いが好きなのよ

同じような感じである。


で。
じゃあ、「本当に『その人』が好き」といった場合
一体なにを好いていればいいのだろうか。
たとえば、問題を単純化すると
上記の場合
彼女が事故にあってカオがめちゃくちゃになってしまったとする。
そうすると
カオ目当ての男性は去っていくだろう。
スタイル抜群!の女性が、事故で四肢を失ったら
その女性のスタイルを愛していた男は、興味を失うだろう。
私の場合
失語症になったりボケたりしたら、占いは書けない。
私の占いが好きだった人は
私を忘れるだろう。


愛情関係ではしばしば
無償の愛
ということが言われる。
相手が何の見返りをくれなくても愛する
相手がどんな状態だろうがそれを愛する
ということ、らしい。
ではそれを成立させるには
いったい、その人の「どこ」を見ればいいのか。


心がキレイだとか、人間的に素晴らしいとか
そういうことは一見、ぶれなさそうに見えるが
実は、外見同様、かなりヤワなものである。
イライラするときもあるし、落ち込むときもある。
人間的にとても尊敬できなくなるような状態になるときも
悲しいけれど、ある。
だれにも、弱くなる時期や時代がある。
内面がすでに以前のようでなくなった相手を、果たして愛せるだろうか。
愛さなければならないだろうか(という自問自答も起こるだろう)


愛とは
なにか。


なにが、「自分」の根幹なのか。


昨日、コメント欄にもいただいた
「君が僕を知ってる」
という曲がある。(Tさんネタありがとう)
彼女がなにもかも知ってるから
自分は誰に誤解されても平気だ
という詞。


彼女は一体
どんなことを知ってるのだろう。
彼は、彼女がなにを知っていると解っているのだろう。
すごくすごくそれがしりたい。


ずっと以前
友人に
「私のイイトコロってどこ」
と聞いてみたら
「うまそうに飯喰ってるところ」
という回答があったのだが
なるほどこれなら
ボケようがなにしようが
絶対に失われない長所なのかもしれない。
でも
それを愛の対象にされるとすると・・・
ちょっと
こまる(いや、こまらないか・・どうだろう・・・・)


本日はバレンタインな訳だが
皆様に戦略をひとつご提供するとすると
「相手のいいところを褒める」
というのが、私はいいと思う。
その一言は、けっこう重みがある。
つきあえることになろうが、ならなかろうが
相手のいいところをびしっと指摘してあげられれば
そしてそれが彼の何らかの本質を突いているならば
貴方は相手にとって
「一生忘れられない女性」
になれるだろう。
これは、媚びを売るのとはちょっとちがう。
なぜなら
相当マジメに真剣に相手のいろいろな面を見て頭をぐるぐる酷使しないと
深くいろいろなことを考えないと
そんなの簡単にワカンナイからである。
人は
「自分をじっと見て真剣に評価してもらえる機会」
というのを
そんなに持てるわけではない。
もし本当に真剣に相手の長所を見いだそうと努力したなら
そして貴方にしか見いだせない「なにか」を見いだすことができたら
その言葉はいつまでも
彼のいざというときの支えとして、心に残るだろう。
ひょっとすると
彼が死ぬまで持って行ける宝物になるかもしれない。


是非
相手の中にある、貴方にしか解らないトキメキの長所を見いだして
それをずばりと指摘してみて頂きたい。
きっとなにか
おもしろいことが起こるはずである(なにもなかったらスマン)


そのプロセス自体に
実は深い意味がある。
相手を理解して好きな理由を見いだそうとするとき
そこに浮かび上がってくるのは
実は、自分自身のなにか、でもあるからだ。
みつめる
知る
ことには
偉大な作用がある。恋する意味のほとんど8割くらいがそこにある。


というのは
私の仮説です(爆