石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

コルク

こんにちは
石井ゆかり・オブ・ジョイトイです。



あー
いっぺんいうてみたかった
だけです(爆


ネタの重ね方が
ねちっこい。
オヤジ風。


こういうレイアウトだと
なにを書いて良いやら・・・・
やはり環境って大事なんだな
と思わされます。



      • -


バイバイ 長い夢
そこへ行くにはどうすればいいの
迷子になるよ 道案内 してね


バイバイ 長い夢
いつか完璧な輪になるように


昨日この歌(※)のおかげで
ちょっとしたことが起こった。
ずっと困っていたことだったので
とても助かった。


感情に飲まれたり
感情に振り回されたり
感情がわき上がったり
するので
感情っていつもそれと解る場所にあきらかにアリアリとあるのだ
と思ってしまうけど
どうも ちがうのかもしれない。


自分からもぜんぜん一切見えない、解らない、「感じられていない」感情
っていうのが
存在するらしい。


モノの本ではそういうハナシを読むけれど
経験的にそれを理解したことはなかった。

こういうことかな
と思えるようなことがあったのだった。


人間はどうして
他人に理解されたいと思っているのだろう。
それが意思の疎通や伝達でなくても
同時に成立しなくても
生きていても死んでいても関係ないのだろう。
なんでそうなんだろう。


かんたんなことでも
毎日、たくさんの人にあたりまえのように繰り返されていることでも
よく考えてみるとほんとに
意味不明
のことが多い。



たぐっていくと
ヒモのようなモノに行き着く。


「個」
というのは
たくさん同じようなモノがある中でしか成立しない概念なのだ。
羊の群れがあって
羊の個体がある。
ヤギの群れの中に羊が一頭いても
その羊を
「個体」
とは言わない。
たくさん同じようなモノがある中で
他のモノとその単体を分けるとき
「個」
っていうのだな。




まわりとおなじであって
まわりとおなじでない。


この差分が
「理解したりされたりしたい」

結びついているのかな

考えた。


はっきり言って
思考経路の真ん中を完全に端折っているので
これではあまりに
飛躍しすぎている・・・・



こんなエロテロリズムな画面の中では
論理性やわかりやすさを追求する気にもならない・・・・


要は
ハートで感じて♪
みたいな



オェー・・・・・


やっぱこのデザインは
自分に対するテロだな(爆

      • -

※ YUKIの「長い夢」のサビです。
 好きな曲です。