石井ゆかり@筋トレのブログです。
『星読み』もよろしく!

Won't Be Long

なんと、昨日に引き続き、
朝日新聞「折々のことば」に
拙著「選んだ理由。」から
阿藤さんの言葉を引用して頂きました!

出典↓

選んだ理由。

選んだ理由。



このインタビューも、
以下から無料で読めます(書籍化にあたり大幅改稿してます)

www.mishimaga.com
www.mishimaga.com
www.mishimaga.com

さらに、
この最後の朝日カルチャーセンターさんでのイベントの模様(?)はこちら。
iyukari.hateblo.jp



最初の阿藤さんへのインタビューが、これ。
iyukari.hateblo.jp
iyukari.hateblo.jp



こうやって並べてみると
阿藤さんからほんとにたくさんのものをもらってきたんだな
と思います。
人付き合いのへたくそな私には
阿藤さんのあたたかさが
ほんとにありがたいです。


そして、
人と会ってしゃべったことを、いちいち記録に残している
というのは
妙におもしろいなあ
ということも
改めて思いました。


最初が2007年で
今はそれから10年が経っていて
その時間の流れの中で
こうやって繋がりが続いているのだなあ

しみじみ思います。
これは、
阿藤さんが折に触れてずっとつながりを保ってくださっている
ということなのですが、
この記録もまた、
ある種の縫い糸みたいだなあ

ちょっと思いました。

折々のことば!


すごくうれしい!!!
本は以下。

選んだ理由。

選んだ理由。


インタビューの内容は、
ここからタダで読める。
www.mishimaga.com
www.mishimaga.com
www.mishimaga.com


実は、「闇鍋インタビュー」公開時は、
引用して頂いた一文は入っていなかった。
書籍化に際して大幅に加筆改稿したときに
章の締めの言葉として、入れた。
最後の章の結論も、
そういえば、
上の初出時とは完全に違っている。


闇鍋インタビューを「選んだ理由。」にまとめるとき、
私はもう一度インタビューをし直しているような気がした。
話し言葉というのは、録音でもしておかなければ
その場だけのモノとして流れ去ってしまって二度とふたたび会うことができない。
でも、こうして記録に残して、
そこで考えたことをまとめ、
更にもう一度、その全文を読み直して改稿する
という
たった1度のお話を噛んで噛んで噛んで噛みつくすような作業をさせてもらえて
これはほんとうに贅沢なことだったなあ、と思った。


人の話は
噛めば噛むほど
限りなく、いろんなものが出てくるのだ。



ちなみに
よく
「文章を書くコツを教えて下さい」
というようなことを聞かれるのだが
これがそうなのかもしれない。


つまり、
日常的に
ふと気になった話を、
どこかにメモしておいて
それに「感じたこと」も付け加えておくのだ。


そして、更に後日、メモしたものを読み直して
ブログとか、人が読む場所に書き直してみる。


これをやると
その過程でずいぶんいろんなことを思いつく。


これをやるときは、メモの時点で
できれば相手が喋ったまんまのことば
を書いておくといい。
もちろん、学校の授業でノートを取るような
「要点をまとめる」
ような書き方でもいいのだが
でも、なんとなく
はなしことばのそのままをうつしたほうが
ずっと後に読み直しても
血が通って温かく、生き生きと感じられる。
土地の言葉など、
相手の話のクセを含んだ語尾までちゃんとメモできれば
最高である。


よろしければぜひ
お試しを。

はてなブログに移行してみました。

2005年の1月より
「はてなダイアリー」で運用してきました当ブログ
「石井NP日記」
ですが、このたび
「はてなブログ」に移行してみました。
時代の流れ。はやい。


見た目が変わっただけで、
今まで通り、過去の記事も遡ってお読み頂けます。
何か問題がありましたら、
コメント欄にお寄せ頂ければと思います。

続きを読む

4月1日


いつものアレです。
http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/index20170401.html
ことしはちょっと、わかりにくかったかも、、、
変にリアルで(爆
ごめん。。。



けものフレンズのサーバルちゃんみたいなテンションにしたかったんだけど
なんか
むずかしかった!!!!!(笑




というわけで
1日の午後には元に戻します。ご安心を。
あ、
いつもの週報はこっちで読めるよ!

いつもの週報
ガラケーの皆様はこちらからどうぞ

正常化。

毎年恒例エイプリルフール、
皆様お楽しみ頂けましたでしょうか。
(見逃してしまった方は、
このページの下の方の箱の中に
今年のも含めた過去の履歴へのリンクがありますので
そちらからどうぞ。)


今年は妙に説明文がリアルだったためか、
多くの方に本気にして頂き
すみませんでした(汗


確かにあっぷあっぷだというのは嘘じゃなかったですし、
あと、ポップンプリンのキャラがいまいちハジケ切れていなかったのも
原因の一つだったかもしれません。反省。

続きを読む